「日本と中国が戦争!?」「大地震が2つ起きる!?」ジョセフ・ティテル2014年の予言 〜日本に関する9個の重大なお告げ〜

TOCANA / 2014年3月10日 13時0分

【筆者:解説】 UFOと異星人問題に関して大国が秘密を守り続けていると以前から言われているが、ティテル氏もそれを認めていることになる。ティテル氏の予言通りとなるとしても、その秘密がどういう形で公表されるのか興味深い。


■7、3月までに大地震が起きる!?

【予言33】 大地震の一つは今年3月末までに起きる。2014年に少なくとも3つの大規模で破壊的な地震が起きる。恐らく2つの大きな津波が発生する。


■8、日本と中国は戦争する!?

【予言45】 米国は中国との輸出入問題に影響する問題に悩まされる。中国は、日中関係の複雑さを増している間にロシアとの関係を深め、それによって日本との戦争を望む結果となるかもしれない。

【筆者:解説】 日中関係については、松原照子氏も戦争勃発の可能性を懸念しているようだが、松原氏が言うところの「恐怖の男・安倍氏」は、たしかにその方向に向かっているように思われるのが恐ろしいところだ。


■9、ガン治療の研究が進歩する

【予言50】 2014年は、我々がガンの治療にますます近づく助けとなる驚くべき発見の始まりとなる。科学者たちは最終的に、ハーブ、樹皮、ある種の魚のような自然の素材を使用したホリスティックな(包括的な)方法を発見しようとする。

 というわけで、今年もあまり明るい予言がないが、【予言50】のようなものは的中してほしいものだ。日本での大地震については、もちろん的中してほしくないが、たとえ起きるとしても津波を伴わない遠方の海溝型地震ならば被害は少なく済むだろう。
(文=百瀬直也)

【参考】
「2014 World & Celebrity Predictions From Medium Joseph」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング