【東日本大震災】本当に3.11を予測していた予言者・科学者10人!! 総まとめ

tocana / 2014年3月11日 9時0分

 2011年3月11日に発生した東日本大震災から、ちょうど3年たとうとしている。この地震は誰も予測し得なかったということで、「想定外」の言葉が流行語のように使われたが、実際は一部の予言者や科学者たちによって予測されていた。今回は、過去の記事で紹介した人々も含めて、まとめて紹介したい。


■最もピンポイントで3.11を予言した預言者:松原照子氏

 今回紹介する予言者・科学者の中で、もっともピンポイントで3.11を予測していた人として、この人を筆頭に挙げなければならないだろう。

 松原氏は2011年初頭から自分のブログで、大災害を予見する記述を何度かしてきた。1月22日には「今年に入って胸騒ぎがしてならなかった。アァ ついに我国も大災害の壺に嵌ったのかと」(ブログ『幸福への近道』より、以下同じ)と、大震災の発生を予見していた。

 さらに、2月16日の記事は最も有名になった予言が掲載されている。太平洋側で揺れそうだと書き、「『陸前高田』と云う地名が声にならない会話を自分にしています。どこにあるのだろうと探してみると見付かった。指で感じ取ろうとしたが  期待ほど感じなかったが釜石辺りが赤く見えた」と、津波で甚大な被害に遭った岩手県の2つの地名を挙げていた。

 実は松原氏は、震災の前年6月頃から3.11を世見するようなことを書いていた。2010年6月25日のブログ記事では、地震に関して「太平洋側は、今からも油断が出来ない。『石巻』この地名が浮かんだ」と綴っていた。石巻市は、この大震災で宮城県最大の3千人以上の死者が出た場所だ。筆者の知り合いのある女性は、以前から松原氏のブログを愛読していたが、この日の記事を読み、石巻の近くに住む娘さんに、地震の備えをよくしておきなさいと伝えたという。それで娘さんは防災対策をしていたが、自宅前まで津波が達したものの、一家は一時避難しただけで全員無事だったそうだ。松原氏は現在ほど有名ではなかったものの、予言によって命を助けられた人々もいたようだ。

■山梨のじいちゃん

 これは、3.11以前に2ちゃんねるに書き込まれたとされる予言だ。投稿者が「俺の山梨のじいちゃんの予言 聞きたい?」と書いて始まったスレッドで、大震災の約1カ月前に書き込まれた投稿で、大震災を予見するようなことが書かれていた。

 その「じいちゃん」は、「もののけが棲みついているらしい」という手のひら大の水晶を川で拾ってきてから、予言ができるようになったという。

tocana

トピックスRSS

ランキング