タイムトラベルする方法を物理学者が紹介! 時空を超えた郵便配達も可能に!?

tocana / 2014年6月4日 20時0分

写真

 人類の見果てぬ夢のひとつに「タイムトラベル」がある。もしも馬券を買う前に、数十分先の未来までちょっと出かけてきてレース結果が確認できたら......、と考えるだけでワクワクしてくるだろう。しかし、残念ながらそれは夢のまた夢であることは誰しもが痛感していることだ。だが、今後も時空を超えた旅は本当に叶わぬ夢のままなのだろうか? 5月22日付けの「Daily Mail」の記事は、ケンブリッジ大学の物理学者、ルーク・バッチャー博士の「時空を超えたコミュニケーションは理論上じゅうぶん可能である」という主張とその理論を紹介している。

【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/06/post_4229.html】


■時間旅行の鍵を握る「ワームホール」とは何か

 タイムトラベルの実現の鍵を握っていると考えられているのが「ワームホール」という構造体だ。
 
 宇宙を舞台にしたSFスペースオペラ(例えば『宇宙戦艦ヤマト』など)でよく「ワープ航法」が描かれているが、それと同様に、このワームホールを通過することで光速よりも早い速度で移動することができると考えられている。宇宙空間にポッカリと開いたトンネルのようなものだというイメージが相応しいだろう。そして、このワームホールに入り込み出口を抜けた先は、人間が一生かかっても到達できない途方もなく遠い場所だったりするということだ。


■タイムトラベル理論はカンタン、2つの点と線

 では、果たしてワームホールはどんな構造になっているのか? これを理解するためによく引き合いに出されるのが、紙の上にペンで記した2つの点の例である。

 この2点の間を直線で結んだ距離が最短距離であるが、紙そのものをU字に曲げてしまえば2点の距離をグッと縮めることが可能だ。さらに、この2点が重なり合うように紙を折り畳んでしまえば距離はゼロになる。このように紙を曲げたり折ったりできるように、空間も歪み得るものだと考えられているのである。

 このワームホールが空間(宇宙空間)に発生する際には莫大なエネルギー物質が必要だと考えられているが、理論上は決して不可能なことではないとバッチャー博士をはじめとする科学者たちは考えている。

 そしてこのワームホールを利用して物質を光速以上の速度で移動させることができれば、時空を超えたコミュニケーションが可能になるという。つまりタイムトラベルが実現することになるのだ。これを最初に主張したのは相対性理論の創始者、アルベルト・アインシュタインである。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング