ヒトラーはブラジルで生きていた? 「ドイツの老人」アドルフ・ライプツィヒの謎

tocana / 2014年6月24日 9時0分

写真

 私は、ルドルフ・グライナーです。日本と世界を研究するドイツ人です。私は、日本と世界の違いやドイツと日本の違いを研究しています。今、ブラジルではW杯が行われていますが、次の2016年オリンピックもブラジル、リオデジャネイロです。そこで、今回はブラジルの話をしてみます。

 唐突ですが、ドイツといえばホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を進めたヒトラーが有名ですよね。でもそのヒトラーがブラジルに住んでいた可能性がある説を知っている人は少ないでしょう。今回は、その理由を探っていきます。


■ヒトラーの親族は、イスラエルに住んでいる

 まず、ヒトラーの親族が、現在イスラエルに在住していることをご存じでしょうか? あれほどユダヤ人を迫害したヒトラーの親族が、実は、ユダヤ人の国家に匿われているのです。これは非常に不思議なことではないでしょうか。

 しかし、2010年にヒトラーの親族39人の唾液サンプルから採られたDNAを検査したところ、そのDNAには、ヒトラーが「非人間」とみなしたユダヤ民族に生物学的に関連するものが含まれており、ヒトラーは祖先にユダヤ人とアフリカ人を持つ可能性が浮上しました。ということは、ヒトラーは同族を殺していたということになりますね。

 もちろん、ヒトラーの子孫に罪はないですし、ユダヤ人の血が入っているとなればイスラエルにいてもおかしくないのです。

 ですが、この「イスラエルにいるヒトラーの子孫」が話題になったのは、ブラジルがきっかけでもあるのです。それは、ブラジルに来ていた「ドイツの老人」といわれる人物が、ヒトラーだったかもしれない...という疑惑です。つまり、ヒトラー生存説です。


■なぜ、ヒトラーはブラジルにいたのか?

 ブラジルは、もともとポルトガルによって占領されていました。しかし、フランスの皇帝ナポレオンがポルトガルを占領した時に、その混乱期に合わせて独立します。その後、ブラジルは帝政、民主制を経て第二次世界大戦時にはジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガスが軍事独裁政権を作ります。

 ヴァルガスの軍事独裁は、親米・反フランスの立ち位置をとりました。ブラジルを属国のように扱っていたフランスに対抗した政治をすすめたのです。ゆえに、フランスを叩いたドイツ、特にナチスドイツに対しては、親近感を持っていた可能性が高いのです。

 その後、軍事独裁政権は1985年まで行われましたが、その間もブラジルは親米反共でありながらも、旧ナチスドイツには親しい感覚を持ち続けます。旧ナチスのメンバーが南米にいたと噂されるのは、このような微妙な関係があるからなのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング