おっぱいそのまんま水着登場! ― 「乳首開放」に向けて大きく前進!!

TOCANA / 2014年6月28日 17時0分

写真

 ありそうでなかった、衝撃的な水着の登場です! 英紙「The Daily Mail」が今月26日に報じたところによると、この水着(トップス)を考案したのは、米国シカゴを拠点に活動するフェミニスト、ロビン・グレイブズさんとミシェル・ライトルさん。商品の名前は「TaTa Top(おっぱいトップス)」といいます。

 ご覧の通り「TaTa Top」は、着用する人の肌の色に合わせた生地に乳首が描かれているトップスです。たったそれだけなのですが、着用した人はトップレスになっているかのように周囲に見せることができます。水着であることはすぐに分かりますが、それでも目にした一瞬はかなり驚いてしまいそうです。ちなみにお値段は約2,800円、購入金額の一部は乳がん研究のための基金に寄付されます。

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2014/06/post_4366.html】

 ロビンさんとミシェルさんは、アメリカで現在話題となっている「Free The Nipple(乳首開放)」運動に触発されて「TaTa Top」を作りました。女優で映画監督のリナ・エスコが始めたこの運動は、女性が胸を隠す必要のない社会の実現を目指していますが、最近スカウト・ウィリス(ブルース・ウィリスの娘)やマイリー・サイラスなどのセレブが賛同し、実際に行動を起こしたことでも話題となりました。制作者の2人はサイト上で、

「女性の胸を見た時に(男性が)興奮するのは、それが保護され隠されておくべき特別な対象であると認識されているからです」
「あらゆる場所でこのトップスを目にするようになったら、(本当に)トップレスになっても誰も衝撃を受けなくなるでしょう」
「人々にトップレスの考えを浸透させるためのものなのです」

と「TaTa Top」制作の意図を明かしています。

 ちなみに、ニューヨーク州では公共の場で女性がトップレスになることは合法となっていますが、合法だからといって全ての女性が思い切れるわけもありません。「Free The Nipple」運動に共感するものの、やはりトップレスになる勇気はない......。そんな女性にとって、まさに今回の商品は説得力のある解決法となります。「TaTa Top」制作の背景には、したたかな意図があったのです。


 さて、「Free The Nipple」運動について、スカウト・ウィリスは次のように語っています。

「私たちが訴えていることは、女性は自分自身の体をどのように表現するか、自ら選択する権利があるということ。人々や社会の反応を気にすることなく、自分自身の考えによって選択できるようにしたい。どんな女性も自分の体を恥ずかしがる必要はありません」

 果たして今回の「TaTa Top」が、女性の乳首解放へ向けての大きな一歩となるのか、それとも単なる珍しい商品で終わってしまうのか、注目ですね。ところで、あなたはこの水着を着て海に行けますか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング