高倉健に謝罪させた大物俳優とは? 銀座のゲイバーで起きた珍事!

tocana / 2014年7月25日 11時0分

写真

 高倉健といえば、文化勲章も受章している日本トップの名俳優。

 石原裕次郎や長嶋茂雄など時代のスターとも親交があり、その男気溢れる性格から、"格好良い"伝説には枚挙にいとまがない。
 
 そんな高倉健に、謝罪をさせた俳優がいる。若かりし頃の梅宮辰夫である。

 爆笑問題の太田光がTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』にて梅宮がホステスの女性2人を連れて、ゲイバーでコーヒーを飲んでいた高倉健と長嶋茂雄に遭遇したというエピソードを披露していた。

 太田によれば、2人に気付いた梅宮は、すぐに挨拶にいったが、「おぉ、梅宮。どうした? あんまり飲んでないで、早く帰れよ」と言われ、気まずさから店を変えたという。これに対し、ホステスから、「情けないわね。高倉健だかなんだか知らないけど、おかしいじゃない。銀座のゲイバーで、男2人でコーヒー飲むってどういうことよ? あなたのやってることの方が、正しいじゃない」とはっぱをかけられたそうだ。
 
 すると翌日、梅宮は高倉健の元に向かい、「昨夜の一件は、俺の方が正しかったと思います。(ゲイバーは)女連れて3軒目に酒を飲みに行く所なんですよ」ときりだし、さらに女性の体について意味不明な熱弁を始めた。

「(一時間も話をしていると)ようやく健さんが『梅宮、悪かった』ってね。『お前の言う通りだ。昨日の件に関しては、お前が正解だ。俺が悪かった』って言った時にね、俺は『バンザイ!』って」と祝杯をあげたと話していたという。

 なんとも凄い謝罪をさせた理由だが、高倉健に笑顔で「分かったよ、分かったから」という気にさせる梅宮とは、どのような人物なのだろうか?

「間違いなくいえるのは、愛されキャラだということです。というのも、梅宮さんは、懐が深く、とにかく気前がいい。たとえば、絶対にチップを忘れない。梅宮さんが行く店の従業員は、みな、梅宮さんのことを絶対に悪くは言いませんよ。以前、黒い交際も指摘されましたが、今は距離を置いていると思います」(業界関係者)

 近年では、バラエティー番組に出演することが多い梅宮。またロバート・秋山竜次が"梅宮の半裸をパロディにした体モノマネ"をした際にも、「やるんだったら、中途半端じゃなく、突きつめろ」とエールを送っている。そんな懐の深い梅宮だからこそ、高倉健も頭をさげたのかもしれない。
(TV Journal編集部)

tocana

トピックスRSS

ランキング