4人の睾丸をカミソリで切り落として料理に? 中国の介護福祉士が計画した、ミートボール事件!!

tocana / 2014年7月30日 13時0分

写真

 男性諸君にとっては、思わず股間を押さえたくなるような戦慄のニュースが、中国から飛び込んできた。「新華網」や「中国新聞網」など複数メディアが今月24日に報じたところによると、老人介護施設において複数の男性入居者の睾丸がカミソリの刃で切り落とされるという事件が発生したという。しかも、その動機は"ミートボールの恨み"であったというのだ。一体何がどうなってしまったのか、事件の詳細についてお伝えしよう。

【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/07/post_4542.html】


■ミートボールが食べたかった!?

 事件は今月22日、中国・黒竜江省にある老人介護施設で起きた。逮捕されたのは、この施設の介護福祉士として掃除や食事の手伝いに従事していたワン・ファン容疑者(46)だ。彼は就寝場所と入居者の残り物を食事として得る代わりに、無給で働いていたという。

 そんな境遇に対し、以前から不満を募らせてきたワン容疑者だが、ある出来事で彼の怒りは頂点に達する。施設の食事として"ミートボールの煮込み"が提供された日、人気メニューであったためか、入居者たちが全部たいらげてしまったのだ。秘かに残りのミートボールを期待していたワン容疑者は激昂。やがて今回の犯行に至る。


■4人から6つの睾丸を......

 その日、ワン容疑者は自らが担当していた男性入居者4人を標的として選び、復讐を実行に移した。4人を次々と縄で縛り、カミソリの刃で睾丸を切り落としたのだ。被害者の1人、チー・リャンさん(62)は次のように語っている。

「最初は治療のために縛られているのかと思いましたよ。でもすぐに何かがおかしいと気付いたんです。それから大声で助けを呼びましたが、誰も来てくれませんでした」

 結局、リャンさんともう1人の被害者(70)は、両方の睾丸を失ってしまった。他の2人(81歳と53歳)は片方を失っただけで済んだようだ。ワン容疑者が切り落とした睾丸は、合計で6つということになる。


■料理しようとしていた!!

 その後、ベッドに血まみれで横たわる被害者たちが発見され、事件が発覚する。そして捜査の結果、ワン容疑者が浮上。警察は、他の施設職員の協力も得て彼を逮捕した。

 当局の発表によると、ワン容疑者は精神障害を抱えており、犯行時は泥酔の上、切り落とした睾丸を料理して食べようと企てていたという。また彼は、睾丸に薬効成分が含まれているとも思い込んでいたようだ。ちなみに、4人の被害者はしばらく入院しなければならないが、命に別状はないとされている。


 さて、世の男性の股間を縮み上がらせた今回の事件は、中国の老人介護施設の悲惨な実態にも光を当てた。事件現場を訪れた記者は、多くの入居者が数カ月間にわたり風呂にも入れてもらえない状況にあること、施設は人で溢れ返り、悪臭に満ちていることなどを報告している。中国の介護・福祉分野も、日本と同様に高齢人口の増加と、資金や人材の不足という問題を抱えているのかもしれない。

tocana

トピックスRSS

ランキング