英国人カップルの“運命的めぐり逢い“が話題! 将来の結婚相手が写っていた写真とは?

tocana / 2014年8月3日 15時0分

写真

 みなさんは自分にとって運命の人が存在すると信じていますか? "運命"と呼ぶからには、そのような相手との出会いは、人間の意志を超えた力がはたらいているかのような巡り合わせであるはずです。現在英国で、まさにこの運命の巡り合わせを、誰よりもはっきりと実感している新婚カップルのニュースが話題となっています。

【画像は、コチラ→http://tocana.jp/2014/08/post_4558.html】

 先月31日の英紙「The Daily Mail」が報じたところによると、その新婚カップルとは、エイミー・メイデンさん(25)とニック・ホイーラーさん(26)。数年の交際期間を経て、先月26日にゴールインした2人ですが、昨年の婚約期間中に驚愕の事実に気付き、互いを"運命の人"と改めて確信するようになったというのです。


■祖父母宅の古いアルバムに......

 その日、ニックさんはエイミーさんを紹介しようと祖父母の家を訪れました。そして大切に保管されていたアルバムを開き、思い出の写真を眺めていた時のことでした。突然エイミーさんが、「私がいるわ!」と大きな声を上げます。

 なんと、6歳のニックさんを撮影した写真の背景に、5歳のエイミーさんの姿があったのです。つまりエイミーさんとニックさんの2人は、互いに初めて出会った(と考えていた)高校時代から遡ること11年前、ごく近い距離で、すでに時間と空間を共有していたことが判明したのです。

 1994年、当時6歳だったニックさんが、家族や親戚に連れられてコーンウォール州マウスホールの海に遊びにやってきた時に撮影されたこの写真。彼は妹や従姉妹と砂でボートを作って遊んでいたようですね。撮影者はニックさんの祖父で、写真の右奥には、彼らを見守る家族や親戚の姿も収められています。そして写真の左奥、やはり家族と一緒に砂のお城を作って遊ぶ、青い水着の女の子こそが、当時5歳のエイミーさんなのです。まだ幼い彼女ですが、ニックさんの後ろ姿を見つめているようにも思えます。


■運命の巡り合わせ

 この時のエイミーさんとニックさんは、当然まだ赤の他人同士。自分たちが将来結婚することになろうとは、考えているはずもありません。しかし長い時を経て、高校生になった彼らは再びめぐり逢い、恋に落ち、やがて結婚するのです。写真についてエイミーさんは、

「とてもすごいことだと思います。当時、私は(写真の撮影場所に近い)マウスホールに住んでいましたが、ニックは(数百マイルも離れた)ケント州に住んでいたのです」

と語り、ニックさんとの関係はまさに運命の巡り合わせと感じている様子です。2人は、写真が撮られた海岸から目と鼻の先の距離にある教会で結婚式を挙げました。


 現在、エイミーさんは教師として、ニックさんは軍人として働いています。これから2人は米国フロリダ州への新婚旅行に出発しますが、帰国後は写真をすぐにでも額装したいと考えているそうです。

 運命の人にまつわる、なんともロマンチックな今回のニュース。ひょっとするとあなたも、過去にどこかで運命の人と遭遇しているのかもしれません。
(文=編集部)

tocana

トピックスRSS

ランキング