佐世保と酷似!? 親友が死ぬ姿を観察した16歳少女、ゾッとする発言に国民が震えた殺人事件=豪

tocana / 2014年8月15日 8時0分

写真

 日本中を震撼させた佐世保女子高生殺害事件から、はや半月がたつ。凄惨な事件の犯人である15歳の少女は、詫びることなく「人を殺したいという欲求を持っていた」と供述したことがメディアでも大きく取り上げられ、話題となった。

 複雑な家庭環境が遠因ではないかと報じるメディアが多いが、もともと少女はサイコパスなのではないか? という声もある。一般的に、サイコパスとは、無慈悲で良心と共感が欠如している「反社会性人格障害」のことを指し、猟奇殺人にはしりやすいとされている。

【画像はコチラ→http://tocana.jp/2014/08/post_4619.html】


■16歳少女2人が15歳を殺した「エリザ殺害事件」

 2006年6月18日。オーストラリア第四の都市である西オーストラリア州パースから200キロ離れた鉱山の町コリーで、15歳のエリザ・ジェーン・デイヴィスが、16歳の少女2人に殺害されるという事件が発生した。3人は仲の良い友人で、加害者の少女たちは、憎しみや恨みからエリザを殺したわけではなく、「ただ単に殺したかったから殺した」と供述。

 罪悪感はこれっぽっちもなく、同国メディアは「悪魔のような少女たちだ」とこぞって報じた。加害者の少女たちは18歳未満だったため、少年法が適用されず、一定の報道規制が敷かれ、名前も顔写真も非公開だったが、「二度とこのような事件が起こらないように」とメディアはできる限りの報道を行った。

 仲の良い友達だったエリザを殺害した少女たちの動機は、佐世保女子高校同級生殺害事件加害者少女の動機とよく似ているように見受けられる。エリザ殺しの少女たちは、一体、どのような気持ちで殺人を行ったのだろうか----?


 複数の豪メディアによると、エリザと加害者の少女2人は、殺人事件が起こる前夜、地元で開催されたパーティーに繰り出したとのこと。3人はそこでまわされていたドラッグ、メタンフェタミン(覚せい剤)に手を出したが、軽く摂取する程度だった。また、ほかの参加者によって、楽しそうにダンスする姿が写真に撮られていることから、決して錯乱した状態ではなかったことがわかっている。


■殺しちゃおうか

 その後、3人は加害者少女のうちの1人の家に帰り、エリザは"お泊り"をした。翌朝、エリザよりも先に目を覚ました加害者2人は、どちらからともなく「殺しちゃおうか」と言い出し、どうやって殺すか相談。エリザが起きるのを待ってから、捨ててもいいような着古した服に着替えた。そして、少女の部屋で卒業アルバムを見ていたエリザの背後に忍び寄り、1人がスピーカーのコードを首に二重に巻き、力いっぱい締めあげた。もう1人はエリザが暴れないようにするため、化学物質を滲みこませた布をエリザの口に押し当てた。

tocana

トピックスRSS

ランキング