【不思議】胎児がエコー検査に気付いてポージング!? 赤ちゃんは外が見えているのか?

TOCANA / 2014年9月2日 7時0分

写真

「元気で育っているよ!」という赤ちゃんからのメッセージなのかもしれません。妊娠中のエコー検査(超音波検査)で偶然撮影された、ある驚くべき画像が現在話題を呼んでいます。

 米紙「The Daily News」をはじめとする複数の海外メディアが報じたところによると、この画像を掲示板サイト「reddit」上に投稿したのは、ペンシルバニア州ミードビル在住のmeanclothと名乗るユーザー。来年1月に誕生予定の双子の赤ちゃんのお父さんです。

 先月27日、彼のパートナーで現在妊娠18週目のお母さんは、病院でエコー検査を受診しました。そこで映し出されたシュールな画像にみんなびっくり。なんと双子の一方が親指を立てていたのです。

 まるで、お母さんのお腹の中で快適に過ごしていることをアピールするかのような、大胆なポーズです。「OK! もうすぐお父さんとお母さんに会えることを楽しみにしているよ」とでも言いたいのでしょうか。まだ双子の性別は判明していないそうですが、陽気な子が生まれそうですね。

 さて、この投稿に対してjamblaellと名乗る別のユーザーが、やはり2011年1月に生まれた息子のエコー写真を投稿。こちらも話題となっています。

【画像はこちらから→http://tocana.jp/2014/09/post_4752.html】

 ......どうやら検査の時は機嫌が悪かったようですね。胎児でありながら、すでに将来かなりの大物になりそうな雰囲気を醸し出しています。

 ちなみに、日本で初めて胎内記憶の研究発表をした池川明氏によると、赤ちゃんは母親の胎内にいる頃から皮膚を通じて外の音を聞いているといいます。また、氏が行った調査によると、「おかなの中から外を見ていた」「お腹の中は気持ち良かった」「お父さんお母さんを自分が選んだ」など、胎内や中間世(現世と前世の間)の記憶を持って生まれてくる子どもがいることもわかっているそうです。そう考えると、今回の赤ちゃんもエコーで見られていることや、外での会話を聞いた上で、このポーズをしたの「かも」しれませんね。(参考:日本メンタルサービス研究所 池川明氏インタビュー)

 いずれにしても、生まれてきた時にはハイタッチで迎えてあげたくなりそうな赤ちゃんの画像です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング