謎の深海生物「エイリアン・マッシュルーム」が遂に新種認定! 種の系統樹覆す可能性も

tocana / 2014年10月6日 12時45分

写真

 遡ること約30年前、1986年にオーストラリア近海でキノコ型の奇妙な生物2種が発見された。過去に類を見ないその外見から"エイリアン・マッシュルーム"とも呼ばれていたが、最近になってようやく命名、登録されたという。

【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/10/post_4952.html】


■現存する古代生物か!?

 科学誌「PLOS ONE」によると、この2種類の生物は完全なる新種だという。

 それぞれ「デンドログランマ・エニグマティカ(Dendrogranma enigmatica)」「デンドログランマ・ディスコイデス(Dendrogranma discoides)」という学名がつけられた。

 専門家によると、およそ6億年以上前に存在し、絶滅した古代生物群に似た特徴を持っているとのこと。だが現存する動物、生物のどの分類にも属さないそうだ。

 フロリダ大学で海洋生物の研究をしている、神経生物学者のレオニッド・モローズ氏は、これら新種がもし古代生物の子孫であれば、種の系統樹を完全に覆す可能性を指摘している。目に見える形で現存する、初めての古代生物となりうるのだ。


■この30年間の捕獲数はゼロ

 発見されたのは水深400~1,000メートルの深海で、大きさは2センチほど、体は半透明で、キノコの柄のような部分は口にあたり、円盤状の傘にかけて伸びる管状部分は消化器官だという。小さくて単純な構造の口から粘液を出して、微生物を捕らえて食べているようだ。クラゲに良く似た外見だが縁戚関係(有櫛動物門、刺胞動物門)ではないという。

 残念ながら、採取された際にホルマリン漬けにされた上にエタノールに浸されて保存されてしまったため、遺伝子解析がほぼ不可能になってしまった。

 実は1986年の発見以降、一度も捕獲されていない。目撃証言もなく、まさに謎そして幻の生物なのである。再び姿を現し、解明される日が来るのを待とうではないか。
(文=Maria Rosa.S)

tocana

トピックスRSS

ランキング