超エリート男子校“ミス筑駒“は顔面偏差値も桁違いに高かった!

tocana / 2014年11月7日 9時0分

写真

 ネット上で「ミス筑駒がかわいい」と話題になっている。筑駒は正式名称を筑波大学附属駒場中学校・高校といい、東大合格率ナンバーワンを誇る超エリート校である。

 同校の卒業者は政治家から官僚、学者、小説家、芸能関係まで幅広い世界で活躍を見せている。ちなみに、昔も今も、れっきとした男子校である。

「男子校で"ミスコン"となると違和感も生ずるかもしれませんが、高校の文化祭ではよく行われている企画です。ただし、やみくもに化粧をしたり、セーラー服を着せたりといった"ネタ扱いの女装コンテスト"どまりなのが主流。その点、筑駒のミスコンのレベルは桁違いと言われています」(女装カルチャーに詳しいライター)

 近年は女装男子がブームとなっており"男の娘"や"女装子"といったフレーズが生まれているが、ミス筑駒の写真も2006年から存在する。歴代の候補者、チャンピオンの格好を見ると、ガーリーな森ガール風、メイド服、ハロウィン風魔女コスプレ、浴衣ギャル風、JJ風の女子大生ファッションと、多彩だ。ルックスもさることながら、ファッションにも気を遣っていることがわかる。

 2014年度のミス筑駒コンテストは11月2日に行われ、昨年のチャンピオンが2連覇を達成したようだ。事前に撮影写真の商用利用禁止が通告されるなど、注目度の高さもうかがえる。

「筑駒は中高一貫校なので、ミスコンには中学生の候補者もいました。今後も幅広い候補者のタイプがそろいそうですね。女子大生のミスコン受賞者はその後モデルやタレントとして活躍する例もあります。彼(彼女!?)らも、勉強以外の場でも活躍して欲しいレベルですね」(同出・同)

 ちなみに、筑駒の文化祭では、ミスコンとともに、格好いい男子を決めるミスター筑駒コンテストも行われていることをお忘れなく。
(文=平田宏利)

※写真はイメージ 『「男の娘」たち』(河出書房新社)

tocana

トピックスRSS

ランキング