【閲覧注意】身の毛もよだつ、虫に寄生された人々の体験談9!

tocana / 2014年11月18日 9時0分

写真

 身体に虫が寄生する――考えただけでおぞましく、身体がむず痒くなる。しかし、これは一部の不運な人に起こるのではない。いつ自分に起こっても不思議ではないのだ。食前の方は、食べ終えてから読むことをおススメする。

【画像は、コチラ→http://tocana.jp/2014/11/post_5211.html】


■耳に入り込んだ蛾

 パーティ中(?)の男性が不意に耳が痛いと叫んだ。懐中電灯で耳の中を照らしてみると、何とそこには巨大な蛾が! 一体どうやって、耳の穴より大きい蛾がこの男性の耳に入ったのかは謎だ。かなりキモチ悪い画像なのだが周りの人はあくまでも明るく、耳から蛾を取り出している。持つべきものは友だとわかる話だ。


■耳に入り込んだ蛾

 ロブさんがベッドで寝ながら本を読んでいた時、蛾が飛んできて彼のメガネに止まった。彼は蛾を振り払おうとして、間違って耳の穴に蛾を押し込んでしまった! それから3日間、彼の耳の中では妙な音が聴こえ続け、彼はついに病院に行く決心をしたという。病院では蛾を取り出すのに、1時間半もかかったそうだ。


■鼻に住み着いたヒル

 ダニエラ・リバーラニさん(24歳)はベトナムを旅した。ベトナムで彼女は鼻血に悩まされたが、特に気にしなかった。数日後にエジンバラの自宅に戻った時、ダニエラさんは血の塊のようなものが自分の鼻の穴から出ているのを発見した。彼女はそれがヒルなのに気付き、ロイヤル・インファーマリー病院に駆けつけた。

 医者はヒルをダニエラさんの鼻から取り出したが、それは約8センチもの長さになっていた。ダニエラさんはベトナムで河に行った時にヒルに寄生され、その後彼女の鼻の中で1カ月間育ち続けていたらしい。

 鼻血が出たのは、ヒルが血を吸い続けていたからだと思われる。妙な感触は無かったのだろうか? 鏡を見て、自分の鼻からヒルが出ているのを見た時のショックは想像を絶する。


■耳の穴に入った巨大コオロギ

 耳に住みついたコオロギが摘出されているこのビデオは、インドで撮影された。よほど耳の中が気に入ったのか、コオロギは耳の壁に足を踏ん張り必死に抵抗している。グロテスクな画像だがバックに流れるインド音楽によって、やや癒される。しかしこんなことで病院には行きたくないものだ。


■学生の足に寄生してアフリカから英国までヒッチハイクした虫

 22歳の英国人学生マシュー・オドンネルさんは、タンザニアでボランティア活動をしていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング