UFOが地球に墜落する瞬間を激写!? 「宇宙ポッド」にしか見えない衝撃的姿!!

tocana / 2014年11月27日 8時0分

写真

 漫画『ドラゴンボール』には、1人乗りの小さな球状宇宙船が登場する。そして今回、その「宇宙ポッド」に極めてよく似た衝撃的な姿のUFOが激写されたようだ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2014/11/post_5260.html】

 地方紙「The Aurora」が今月19日に報じたところによると、この写真を撮影したのは、プリンスエドワードアイランド州シャーロットタウンに暮らすブランシュ・ウォードさんだ。先週月曜日の午後、外に出ようと家のドアを開けた時のこと、彼女はまるで空中を落下するかのように飛ぶ謎の球体を目撃してしまう。そして、すぐさまカメラを空に向けたのだった。

 球体の鮮やかな赤色は、燃え盛る炎の色とは若干異なるようにみえる。また、そこから複数本の煙の柱がまっすぐに伸びている――。ウォードさんによると、謎の球体は1~2分間の飛行を続けたのち、やがて地平線の彼方へと消えてしまったのだという。

 先週月曜日は、ちょうど「しし座流星群」がピークを迎えていたこともあり、ウォードさん自身は、隕石か宇宙ゴミではないかと疑っている。しかし、これに異を唱えるのが、台湾で英語教師として働く傍ら"UFO研究家"としても活動しているスコット・ウェアリング氏だ。彼のサイトによると、謎の球体の"赤さ"と"丸さ"は、隕石ではあり得ないものだという。また、宇宙ゴミである可能性は捨て切れないものの、その場合は大気圏でバラバラになってしまうはずだとした。

 さらに異なる見解も存在する。カナダ王立天文協会のクリス・スティーブンソン氏は、この正体は飛行機だったと考えているようだ。スティーブンソン氏によると、隕石の場合には煙の尾は1本で、どんなに長くても5秒程度しか目にすることができないという。また球体をしているのは、飛行機の胴体を真後ろから目にしているためで、この真っ赤な色は、日没時の太陽が反射したと考えられるそうだ。 

 しかしいずれの説も決め手を欠き、未だその正体は謎のままである。果たして隕石か、飛行機か、UFOか――。あなたはどう感じただろう。

※画像は、YouTubeより

tocana

トピックスRSS

ランキング