紅白歌合戦で●●をすると本当に叱られる!! 紅白でのタブー行為とは?

tocana / 2014年11月30日 8時0分

写真

 日本における大晦日の風物詩と言えば、多くの人が『NHK紅白歌合戦』を挙げるはずだ。今年で65回目を数え、司会者や出場歌手の発表時には民放各局も取り上げるなど、まさしく国民的音楽番組と言える存在である。

 NHK関係者にとってはある種のお祭り番組であり、スタッフが総力をあげて制作している。だが、いくらお祭りとはいえ、やはりそこはNHK。事前に事細かくトーク内容が練り上げられているという。

「紅白歌合戦の台本は電話帳ほどの厚さがあります。通常、民放の音楽番組では、オープニングトークなどはセリフとして書かれていますが、それ以外の部分の司会者と歌手のトークは箇条書きしてある程度です。たとえば『2014年はどんな1年だったか?』とか『武道館ライブの感想は?』などです。しかし、紅白はこれらを一語一句セリフにしてあります」(テレビ番組放送作家)

 一語一句とは驚きだが、どれだけ詳細に書かれているのだろうか。

「司会者の質問がセリフになっているだけではなく、歌手側の回答や、それを聞いた司会者のリアクション、さらにはこのトークを聞いていた審査員のコメントなども一語一句、台本に書かれています。これをそっくりそのまま話せば生放送時間に収まるように作られていますが、話すスピードが変われば時間も変わりますので、事前に緻密なリハーサルを行い、想定された時間でトークが終わるようにしているんです。頷きや笑う仕草なども書かれている場合がありますから、音楽番組でありながら、ある意味では生放送ドラマのようなものですね」(同・テレビ番組放送作家)

 ドラマのように緻密な台本ではあるが、これも生放送であれば仕方がないのではないか。

「たしかに生放送の場合には、民放であってもシビアなケースが多いです。しかし、民放の場合は、台本を脱線してもそれを許容する風潮があります。予定よりも時間がオーバーしたら、他の部分でカバーするという考え方です。ですが、NHKはこれが皆無です。特に紅白は厳しく、リハーサルのステージ上で歌手が台本にないことを話すと、即座にストップがかかり注意されますよ」(同・テレビ番組放送作家)

 "NHKのアドリブ禁止令"は今や有名になってきているが、紅白の場合にはリハーサルの段階で徹底され、本番で同じことをしないように釘を刺されるという。

 さらに、別の関係者はこんな話も聞かせてくれた。

「紅白には大物歌手も出ますし、応援で志村けんさんやビートたけしといった大物芸能人が出たこともありますが、この慣習にほぼ例外はありません。台本を持った上でリハーサルを行い、台本にないことを話すとスタッフの冷淡な視線が突き刺さるだけです。大物の場合にはあえて注意していないようですが、台本にないボケを披露してもクスリとも笑わないスタッフを見て、たいがいの芸能人が空気を読んで、台本通りに話すようになりますよ」(芸能プロダクション関係者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング