【驚愕動画】監視カメラは見た!! 宇宙人が車に轢かれる瞬間!?

tocana / 2015年1月1日 11時0分

写真

 メキシコのテレビ番組「Tercer Milenio」が、マレーシアの駐車場に設置された監視カメラが捉えた不思議な映像について報じている。まずは、12月22日に公開された動画をご覧いただこう。

【動画はこちらから→http://tocana.jp/2015/01/post_5470.html】

 静まり返った深夜の駐車場。するとそこに、ヘッドライトを灯した1台の乗用車が入ってきた。駐車場構内にしては、かなりのスピードで飛ばしているが、深夜ということで油断していたのだろうか――と次の瞬間、車は急停止。映像をよく確認すると、まるで空間に滲み出るかのごとく突然姿を現した謎の人影と、衝突しているように見える。ドライバーと同乗者は、すぐに車から飛び出して周囲を確認するが、先ほどの人影はおろか、何の異変すら発見することができない。タイムスタンプを見る限り、2012年5月23日の深夜2時30分ごろの出来事だったようだ。

 解説によると、この時ドライバーは、あくまでも何かと衝突したような音に驚いて急ブレーキをかけたのだという。そして後日、監視カメラの映像を確認した時、そこに謎の人影がいたことに気づくのだった。

 番組は今回の人影の正体について、幽霊ではなくヒューマノイドではないかとしたが、それに異を唱えるのがUFO研究家のスコット・ウェアリング氏だ。彼が自身のサイト上で述べた独自の見解によると、この人影は、人間の目には映らない高度な素材で作られたコートを着用しており、そのためドライバーが目視できなかった一方で、赤外線を使った夜間監視カメラにはしっかりと映り込んでいた、とのことだ。

 以上を踏まえてウェアリング氏は、これは地下から出てきた(高度なテクノロジーを持つ)エイリアンであり、出現場所に駐車場を選ぶという痛恨のミスを犯した結果、運悪く走行中の自動車に轢かれてしまったのだと結論づけている。もしも彼の説が正しいとすると、その後エイリアンはどうなってしまったのだろう? 安否が気がかりだ。


※画像は「YouTube」より

tocana

トピックスRSS

ランキング