2015年2月11日に日本列島が切断される!? 「魔の水曜日」について緊急考察!!

tocana / 2015年2月5日 9時0分

写真

 2015年がスタートし、早くも1カ月以上が過ぎた。最近、一部で「今年の2月前後に大地震が起きる」という内容の噂が広がっているようだ。『Yahoo!知恵袋』には、「2015年2月11日に日本列島で未曾有の大地震が発生すると、予言者の方々の意見をもとに算出予測しているのですが、不安でたまりません」という質問も投稿されている。今回は、本当にこの2月に未曾有の大災害が起きてしまうのか、真偽の程を探ってみることにしたい。

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2015/02/post_5696.html】


■噂の背景には、松原照子氏の予言?

 さて、前述の投稿を目にした筆者は、改めてカレンダー上で2月11日を確認してみた。するとこの日は、国民の休日(「建国記念の日」)となっている。そこで初めて、ハッと気がついたのだ。恐らくこの投稿者は、筆者が以前指摘した、松原照子氏の「魔の水曜日」の予言を前提に語っているのだろうと。

 ブログ上で東日本大震災を予言したことで一躍有名になった松原氏だが、実は30年ほど前から『月刊ムー』(学習研究社)が特集を組むなど、一部ではよく知られた存在だった。氏は1987年1月に『宇宙からの大予言 ― 迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ』(現代書林)を上梓しており、その中で10ページもの紙面を割いて語られている最も恐ろしい予言こそ、「魔の水曜日」と呼ばれる大災害の連鎖なのだ。

 その内容とは、関東地方の地震(M6.8程度)から始まり、東海地方で大地震発生、高さ80m~120mの津波と続き、さらに伊豆半島から日本海へ向けて亀裂が走り、最終的には「日本列島切断」に至るというものだ。その発端が水曜日であり、カレンダー上で赤く見えたために祝日ではないかというのだ。

 もっとも、すでに30年近く前の予言であるため、ハズレたものとして片付けるべきという意見もあるだろう。松原氏自身も、昨年3月の東京講演会で「この大災害は、われわれの目の黒いうちは起きない」と語ったとされる。そのため筆者は、「魔の水曜日」に関する予言をネット上に広めた張本人として、かねてから訂正する機会を窺っていた。しかし、それでもなお完全に否定することを戸惑う要素もあるのだ。


■気になる異変

 松原氏が語る「魔の水曜日」の果て、すなわち「日本列島切断」とは、「糸魚川静岡構造線」(略称:「糸静線」)と呼ばれる大規模な断層帯が割れるという未曾有の事態を指す。そして昨年11月22日、「長野県神城断層地震」が発生しているが、実はこの地震こそ、糸静線の一部を成す「神城断層」が動いたことが原因だったのだ。これは、糸静線に何らかの異変が起きていることを意味するのではないか。実際、そのような事態を危惧している識者も多いのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング