【衝撃動画】“頭だけになった“魚が泳ぎ続ける戦慄の光景!!

TOCANA / 2015年4月4日 13時0分

写真

 現在、インド洋の島国・モルディブの海で撮影されたという1本の動画が、大きな話題を呼んでいる。まずは問題の動画をご覧いただこう。

【動画はこちらから→http://tocana.jp/2015/04/post_6130.html】

 胴体から尾ビレにかけての部分をごっそり失い、頭部と胸ビレ、そして背ビレと腹ビレだけになってしまった魚が海を泳いでいる!! 流れに抵抗するほどの力は残されていないようだが、それでも確かに体勢を保って前身しているではないか!

 ちなみに動画の解説によると、これは漁師が(恐らく食事のために)魚の胴体部分を切り抜いた直後に確認された光景のようだ。すでに再生回数は100万回を越える大ヒット動画となっているが、世界のネットユーザーから寄せられるコメントには、魚が泳げる理由について考察する声だけではなく、

「このあと魚はどうなってしまったんだろう」
「どうしてこんな恐ろしいことができるの」
「本当に残酷だ」

など、これは虐待ではないかと非難する向きもある模様。過去には、体を半分食べられた魚が必死で逃げる様子を捉えた動画も話題になったが、魚の強靭な生命力には、ただただ感服するほかない。


※画像は「YouTube」より

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング