「あまりにも醜い顔の歌手」として絶大な人気を誇る男、初恋相手はヤギだった!?=ウガンダ

TOCANA / 2015年12月12日 21時0分

「あまりにも醜い顔の歌手」という肩書きを売りにする彼の活動だが、どんな時もなかなか抜かりないものだ。再婚の結婚式では、「いったいどんな女性と結婚するのか」という人々の好奇心を巧みに活かし、挙式への参加料を設定するなど、とにかくゴッドフリーさんは稼ぐ能力に長けている。しかも近年、活動の幅は徐々に海外へと拡大。ロシア訪問を果たし、セレブリティたちとも面会したという。

 そもそも、時代に応じて、"美"と"醜"は常にその定義を変化させるものだ。かつての日本では、「糸目・かぎ鼻・おちょぼ口」が美人の条件とされるなど、現代とまったく異なる美しさの基準が存在していた。今は"醜い顔"を売りにするゴッドフリーさんだが、いつしか人々から稀代のイケメンとして語られる日がやって来るかもしれない。そう考えれば、彼はあくまでも他人にはない自らの個性をフルに活かして仕事をしている有能な人物だと捉えることもできる。もしも彼が来日を果たす日がやって来たら、その時は熱烈に歓迎したいものだ。


※画像は、首都カンパラの高層ビル 「Wikipedia」より

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング