血のつながった兄妹の激しい肉体関係に英国騒然! 近親相姦に走らせるGSAとは?

tocana / 2016年2月7日 8時0分

写真

「お兄ちゃんが大好き」「妹がかわいくて仕方ない」。このような言葉は兄妹がいる家庭では世界中で耳にする。日本では、兄妹間の恋愛をテーマにしたアニメや漫画がいくつもあるほどだ。しかし、その“禁断の愛”が現実に自分の身の回りで起こってしまったら、あなたはどう感じるだろうか。実際の兄妹間恋愛は、我々の想像以上に困難が待ち受けているようだ。

 2008年、イギリスで20代の若いカップルが注目を浴びていた。ニックとダニエルは、なんと兄と妹。この年の1月、彼らは兄妹で愛し合ったとして近親相姦の有罪判決を受けたのだ。しかし、マスコミの取材攻勢から逃げ隠れせず、2人は堂々とインタビューに応じていた。「お互いの存在なしに、今後の人生なんて考えられない」――こう語る彼らは、いかにして禁断の恋に落ちてしまったのだろうか。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/02/post_8770.html】


■離れて生きてきた兄と妹

 兄ニックと妹ダニエルは異父兄妹。2人の出会いは2006年の夏だった。彼らの産みの母、スーザンが最初の結婚に失敗した後、まだ1歳だったニックを里子に出したため、2人が成人した後に母スーザンが引き合わせたのだ。

 妹ダニエルは、成人するまでスーザンによって育てられた。しかし、たった1歳でニックを手放してしまったことをずっと後悔していたスーザンは、それから何年もかけてニックを探し出し、ようやく居場所をつきとめて手紙を送った。

「産みの母、スーザンです。当時、一人ではあなたを育てられないと思い、幼かったあなたを里子に出してしまいました。そのことをずっと後悔しています。よかったら会えないでしょうか? 私はずっとあなたに会いたいと思っていました。後に産まれた娘、あなたの妹にあたるダニエルにも会ってもらえたらな、と」

 こうしてニックは、産みの母スーザンとの再会を果たすと同時に、血のつながった妹ダニエルと初めて出会うことになった。

「ずっと離れていた息子と会える嬉しさでいっぱいでした。あの出会いの後、まさかあんなことが起きるなんて思ってもみなかったんです」(スーザン)

 離ればなれだった家族の感動の集いが、後に裁判沙汰へ、そして英国中の奇異の目にさらされることになろうとは、まだ誰も知る由もなかった。


■出会った瞬間に恋に落ち……怒涛の展開!

 ダニエルはニックに初めて会った瞬間、「この人と一生を過ごしたい」と思ったそうだ。と同時に「こんな感情、持ってはいけない」とも感じたという。ダニエルは当時すでに既婚者で、娘もいた。しかし、血のつながっているニックに惹かれる気持ちは止められなかった。初対面でニックに抱きしめられ、見つめれた時にはすでに恋に落ちていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング