ショーンK以外も消えていた! テレ朝「●●ステーション」番組は呪われている? 続々と人が消える理由と「六本木の怖い呪い」

TOCANA / 2016年4月6日 9時0分

写真

 世界を縛る縛師の結城忠雄がさまざまな「縛り」を皆さんにご披露します。

 さて、「縛る」といえば、「呪い」「祟り」だ。この世のさまざまな情念、嫉妬、そして怨念が絡み合い、解けなくなった「念」が残ってしまった状態を指す。「幽う」「霊」と書いて幽霊というが、それが土地に縛られていると「地縛霊」となるわけである。今回は、この念が「縛られた」という話だ。

 最近「ショーンK」が話題になっている。

 これまでテレビ朝日「報道ステーション」やフジテレビ「とくダネ!」などに出演しているコメンテーターで、経営コンサルタントという肩書きをもつ男だ。経歴は完全に嘘ばかりだったことが文春のスクープで発覚した。ショーンKはこの「不祥事」によって、出演・出演予定のテレビ・ラジオ番組からの自粛を発表。長年のレギュラー番組も打ち切りが決定した。

【その他の画像はコチラから→http://tocana.jp/2016/04/post_9313.html 】

 まずこの「ショーンK」という人物の経歴詐称は許されない行為であるのは当然だ。だが、そんなことよりも気になるのは、「ニュースステーション」、「報道ステーション」、「スマステーション」など、「●●ステーション」番組で「不祥事」が続きすぎているということだ。


■出演者が次々とテレビから消える

もしかしたら、「●●ステーション」というテレビ朝日の報道番組は「呪われた番組」なのではないだろうか? 久米宏も円満退社かどうか不明なうえ「ニュースステーション」を引退後は芸能界から消えたといってもいいほど姿を見ない。また、最近では古賀茂明という元経済産業相のコメンテーターも、放送中に事件を起こして消えた。そして何よりも古館伊知郎も「報道ステーション」から去るのである。やはり「呪い」としか考えられないではないだろうか?

■恨まれるテレビ朝日

 また「椿事件」というテレビ朝日の放送法違反(偏向報道)が疑われた事件もある。

 1993年の総選挙時、テレビ朝日の報道局長であった椿貞良が、「『ニュースステーション』に圧力をかけ続けてきた自民党守旧派は許せない」として、同年の総選挙報道に際し、「梶山静六幹事長、佐藤孝行総務会長のツーショットを報道。視聴者に悪代官の印象を与え自民党のイメージダウンにつなげたうえで、「羽田外相=誠実、細川首相=ノーブル、武村官房長官=ムーミンパパのキャラクター」という印象を視聴者に故意に与えたとして、放送法違反が疑われた事件である。この事件に関して、ニュースステーションを恨んでいる人は少なくない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング