ロシアが第三次世界大戦を起こしそうな3つの理由! スーパー核ミサイル、史上最大4,000万人の防災訓練…

TOCANA / 2016年10月30日 11時0分

写真

 プーチン大統領による主導の下、大国主義・拡張主義的な性格を一層強めているロシア。ウクライナ情勢や、シリア問題への対応がその事実を如実に表している。そんな世界各国の懸念を確証に変える、恐ろしいスーパー核ミサイル「RS-28」が完成した。


■ロシアの最新核ミサイルの性能とは!?

 まず、欧米諸国を驚かせているのは、何といっても「RS-28」の性能だ。ロシアの国防系メディアによると飛行速度は秒速7km、これは時速約25,000kmに相当し、音速の20倍をも上回る。また航続距離は約10,000kmで、モスクワから発射すればホワイトハウスも射程に入る。そしてミサイルの弾頭には16個の核爆弾を搭載でき、破壊力は40メガトン級。これは、広島と長崎に落とされた原爆の2,000倍の破壊力となり、1発でフランス全土、米テキサス州、そしてイングランドとウェールズを消し去ることができるという。しかもハイテクの塊であるRS-28は、レーダーを回避するために絶妙に軌道を調整しながら飛行することができるため、日本も含めた各国が配備を進めているミサイル防衛システムさえ“無用の長物”に変えてしまうとのこと。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/10/post_11294.html】


■ロシアはマジで核戦争に備えている

 さて、このような話を耳にすると、核兵器による第三次世界大戦と人類滅亡という最悪の事態が現実味を帯びてきたようにも感じられるのではないだろうか。しかし、その悪い予感は正しいかもしれない。というのもロシア自身が、核戦争に備えるためのさまざまな行動を起こしていることも判明したのだ。


・ 核戦争に備えて、4,000万人が防災訓練!

 RS-28のニュースと時を同じくして、欧米の各メディアが、ロシアで行われた同国史上最大となる防災訓練について報じている。クレムリン主導のもと、全4日間にもわたり実施された超大規模な防災訓練には、首都モスクワをはじめロシア全土で4,000万人もの市民が参加したようだ(ロシアの人口は約1億4,300万人)。しかも、訓練の参加者には防護服やガスマスクなどの着用、さらに旧ソ連時代に作られた防空壕の整備などが求められた。つまりこれは、来るべき核戦争を生き延びるための防災訓練にほかならない。


・ 新しい核シェルターを続々建設!

 今年8月には、ロシアが全土で新しい防空壕(地下核シェルター)を作っていることもアメリカの諜報機関による報告で明らかになっているが、やはりこの国は、核による第三次世界大戦の勃発を本気で覚悟していると見て間違いないだろう。


 まるで、次期アメリカ大統領選挙が目前に迫るこのタイミングを見計らったかのように飛び出した、「最強の核ミサイル」と防災訓練、そして核シェルター建設のニュース。果たしてロシアは、国際社会に向けて何らかのシグナルを発しているのだろうか――? 先の見えない世界情勢の中、そろそろ日本も、核による第三次世界大戦という最悪の事態を想定すべき時なのかもしれない。


※画像は「Wikipedia」より引用

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング