【閲覧注意】人間の体内から発見されたゾッとするほど身の毛もよだつ生命体5選! ウジ虫から種子まで!

TOCANA / 2017年7月20日 7時30分

写真

 人体とは不思議なもので、平均的な成人には640もの筋肉組織と206本の骨、また13個もの内臓が備わっている。しかし時に人間の体内には、恐ろしい生物が潜んでいることも……。今回は実際に人間の体内から発見された、身の毛もよだつ生命体5選を紹介しよう。


■目の中からヒトヒフバエの幼虫

 皮膚の腫れ自体は何も珍しいものではなく、通常数日、長くみて数週間で自然と消えていく。しかしペルーに暮らす17歳の少年が経験した目の腫れの原因は、身の毛もよだつものだった。少年は数週間前から目に違和感を感じ始め、一向に腫れが引かないことを不思議に思い医師の診察を受ける。診察の結果、少年の目には蚊を媒介として人間に寄生する“ヒトヒフバエ”の幼虫が寄生していることが判明。医師はバジルの葉とピンセットを使い、少年の目から約3cmほどのヒトヒフバエの幼虫の摘出手術に成功。手術には麻酔などは一切使用されず、少年は目の中で蠢く幼虫をじかに体感したという。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/07/post_13849.html】


■耳の中からウジ虫

 体の中で何千匹ものウジ虫が蠢く様子を想像することほど、身の毛がよだつものはない。実際にインドでは、男性の耳の穴から生きたウジ虫が発見される症例も上がっている。耳の不調を訴え耳鼻科医を訪れた男性の耳の穴を医師が覗くと、中には無数のウジ虫が蠢く姿が……。医師の話によると、男性の就寝中にハエが耳の中へ侵入した可能性が高いと見られ、耳の中には何百もの卵が産みつけられた形跡があったという。医師はウジ虫の摘出前に抗寄生虫薬を使い、卵の孵化を阻止。その後ピンセットを使い、ウジ虫を摘出していった。


■脳内から希少なサナダムシ

 人間はカフェインの大量摂取や気圧の変動など、さまざまな理由から頭痛を発症することがある。しかしある中国人男性が経験した絶え間ない頭痛は、脳内に侵入したある生物が原因によって引き起こされていた。英国内の病院に入院した男性は、MRI検査を受けるも当時は原因の特定に至らず……。MRI検査から4年後、遂に医師の口から衝撃的な事実が告げられた。なんと男性の脳内には“マンソン裂頭条虫”と呼ばれる希少なサナダムシが棲みついており、この寄生虫が頭痛の原因だったという。頭痛のみならず発作や異臭など、さまざまな病状の元凶だったマンソン裂頭条虫は、その後外科手術によって摘出されている。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング