【最恐】深夜の中学校で怖すぎる“ポルターガイスト映像”が撮影される! 校舎が猛烈な勢いでガタガタ…校長も大混乱=アイルランド

TOCANA / 2017年10月7日 8時0分

写真

 幽霊現象が多発しているアイルランドのとある中学校で、怖すぎるポルターガイスト映像が撮影され、世界中で大きな話題となっている。

 恐怖のポルターガイスト映像が撮影されたのは、アイルランド・コークのディーパーク・スクール。同校は1828年に建造された歴史のある学校で、これまでにも多くの心霊現象が報告されているという。英紙「Daily Mail」などによると、問題の映像が撮影されたのは今月1日の午前3時。校舎内に設置されているモーションセンサーカメラが作動し、撮影されたとのことだ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/10/post_14646.html】

 映像を見てみると、人影のない真っ暗な廊下で、ひとりでにドアが勢いよく開閉し、地震でもないのに1つのロッカーが前後に猛烈に揺れ、直後には清掃用の立て看板もまるで誰かに蹴られたかのように飛ばされてしまう非現実的な光景が収められている。ディーパーク・スクールのケヴィン・バリー校長も混乱している様子だ。

「映像を見て困惑しました。これが一体なんなのか皆目検討もつきません」(バリー校長)

 バリー校長によると、今回ポルターガイスト現象が起こった場所では以前から奇妙な現象が報告されており、この場所を通った人々が揃って“寒気”を感じたり、ある教師が連れてきた飼い犬がこの場所だけは頑なに通ろうとしなかったこともあったという。また、映像が撮影された場所で紙が散乱していることはしばしばあったそうだが、生徒のいたずらだと思っていたとのことだ。

「手の込んだイタズラではないか?」という声もあるが、奇妙なことに校舎内に設置されている他のモーションセンターカメラには何も映っていなかったという。つまり、誰かが校舎に侵入した痕跡はないということだ。

 29日に同校で開催されるハロウィーンイベントに向けたパフォーマンスではないかとの指摘もあるが、同校はゴーストバスターに協力を要請する姿勢も見せており、本気で恐がっている様子。今後の有力情報に期待したい。
(編集部)


※イメージ画像は、「Thinkstock」より

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング