【かぐや】オカルトだった「月空洞説」がJAXAの発見で現実に! 「すでに100種以上の宇宙人が地下にいる」衝撃的すぎる“月の正体”を研究者が徹底暴露!

tocana / 2017年10月22日 8時0分

写真

 人類にとって、もっとも身近な天体である月。私たちの太陽系に関する知識の多くは、過去の月面探査から得られたものだ。そして今、各国で有人月探査再開の動きも本格化する中、我らが日本のJAXA(宇宙航空研究開発機構)が世界をアッと驚かせる発見を成し遂げた。なんと、月の地下に超巨大な空洞があるというのだ。


■JAXAの歴史的発見、その詳細

 今月18日、JAXAの発表によると、空洞の存在は日本の月探査機「かぐや」の観測データから判明した。深さ約50m、幅約100m、そして全長約50kmにも及ぶ長大なスペースは、月の表側にある「マリウス丘」と呼ばれる領域に位置している。もともと2009年に「かぐや」が撮影した月面画像によって、直径50mの巨大な縦穴が見つかっていたが、実はそれこそが地下の巨大空間への“入口”だったというわけだ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/10/post_14850.html】

 大気が存在しない月の地表面では、昼夜の温度差が300度にのぼり、大量の放射線も降り注いでいるが、空洞内部ではそれらの影響が抑えられるため、月面基地として利用できる可能性があるという。そして近い将来、人類が「深宇宙」(ディープスペース)の有人探査に繰り出すとき、その拠点は月に築くほうが効率がよいとされ、すでにアメリカ政府もその方針を固めている。つまり今回のJAXAの発見によって、火星の有人探査をはじめ人類の宇宙進出に一段と新しい展望が開けてきたといえるのだ。


■オカルト界の常識「月空洞説」がついに立証される

 さて、ここからが本題だ。今回、世界各国のメディアはJAXAの発見について一様に驚きを持って報じているようだ。しかし、このような事実がいずれ白日の下に晒されることをトカナは完全に把握しており、これまで幾度となく世に発信し続けてきたという点を明確にしておきたい。すべては“想定内”の研究成果だったのだ。

 そもそも、オカルト界において月の内部が“空っぽ”、つまり中空構造になっているという「月空洞説」はもはや常識だった。しかも、それは単なる空想的仮説などではなく、多くの天文学者やNASAの研究者たちからも科学的論証を伴った説として支持されてきたのだ。過去の調査によれば、地球の平均密度5.5グラム/立方センチメートルに対して、月の平均密度は3.34グラム/立方センチメートル。これは地球型天体としては不自然なほど軽い。また、1969年にNASAが行った月震(月の地震)調査では、その振動が1時間も続いたという記録が残されている。NASAの研究者によれば、「月は巨大な鐘のように振動しただけでなく、まるで中に油圧ダンパーが入っているように全体的に揺れた」という。このような数々の科学的データが、月の中空構造を示唆していたのだ。

tocana

トピックスRSS

ランキング