「中国パクリ遊園地の今」を現地取材! 著作権“完全無視”の残念すぎる惨状に爆笑

tocana / 2018年2月13日 7時30分

写真

 2008年に開催された北京オリンピック。当時、経済発展を続けていた中国がオリンピックを開催するということで、世界中から注目が集まっていたが、その直前になって、信じられないことが表面化した。北京市内にある石景山遊楽園(せっけいざんゆうらくえん)に偽物のディズニーキャラクターがいることが“発覚”したのだ。日本のマスコミは、「著作権を無視している」として大々的に報道。欧米からも非難の声が上がった。

【その他の写真はコチラ→http://tocana.jp/2018/02/post_15943_entry.html】

 筆者が「中国パクリ遊園地」の調査を始めたのは、2011年のことになる。すると、意外や意外。ツッコミどころだらけの遊園地ばかりに足を運ぶことになった。どこに行っても偽物のキャラクターがいたのだ。もちろん、中国語にも『著作権』や『版権』という言葉はある。習近平政権のスローガンである『社会主義核心価値観』には、“法治”という2文字も含まれている。それなのにだ……。

 実際に中国各地にある遊園地に足を運べば分かることだが、遊園地や大きな公園の入口には、社会主義を核心としたスローガンが書かれた垂れ幕が掲げられている。それも高い確率で。しかし、いざ入園してみると、お腹を抱えて笑いたくなるような偽物のキャラクターのオンパレードなのだ。著作権や版権に関して、“法治”の精神は、まったく適用されていない。

 北京オリンピックから10年。今はどうなっているのだろうか? 筆者が足を運んだ遊園地の数々を紹介したい。

 まず、最初に見てもらいたいのは、寧夏回族自治区(ねいかかいぞくじちく)の銀川中山公園だ。2016年に上海ディズニーランドが開園したことにより、「上海市内から有名なネズミキャラのパクリが消えた」という噂もあったが、中国の他の地域では、このようなネズミ型のコースターが稼働していた。もしも、ウォルト・ディズニー社が見たら激怒してしまうことだろう。日本と比較して非常に変化の早い中国だが、山塞(パクリ)文化は、簡単には根絶できないことが見てとれる。どうせパクるのであれば、オリジナルにリスペクトすべきだと思うが、そのような態度は皆無だ。どのような角度から見ても“出来損ないの紅まんじゅう”のようになっているのが痛ましい。このような形のコースターは、中国全土で見ることができる。ミッキーマウスも涙していることだろう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング