母親が“ダイナマイト自殺”した男の死生観とは!? 伝説の編集者・末井昭インタビュー

TOCANA / 2018年3月15日 7時0分

写真

『写真時代』『パチンコ必勝ガイド』などの大ヒットで知られる伝説の編集者・末井昭の自伝的映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』の公開が3月17日に迫っている。

 この映画を青春映画としてみる人もいるかもしれない。とはいえ、主人公の末井青年は、そんじょそこらの若者とはわけが違う。彼にとっての自立と成長は、7歳のとき、母親のダイナマイト自殺から始まる。驚くほどへんぴで見るからに貧乏な村落にダイナマイトの爆発音が響く。母親の死の現場は、吹き飛んだ腸が木にまとわりついてクリスマスツリーのようだったのではないかと、幼少期の末井は想像したという。そんな驚愕の人生を歩んできた主人公にとって、表現者としてのひとつの覚醒といえる瞬間が、全裸で深夜の路上を駆け抜けるストリーキングだ。

「それが映画で再現されているんですけど、その日は1970年11月25日でした。なぜ、はっきり覚えているかというと、その日に三島由紀夫が割腹自殺したんです。映画を観る人のなかには、その頃、まだ生まれていない人もいるかもしれないけど、そんな時代を想像しながら観てもらえるといいかな」(末井昭)

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/03/post_16297_entry.html】

 そう、末井昭はテアトル新宿で行われた舞台挨拶で語っている。同日、アメリカでは、NYのハドソン川でジャズ・サックス奏者のアルバート・アイラーが水死体で見つかっている。ペーソスというバンドでサックス奏者としても活動する末井にとっては、まさに特別な一日であったことだろう。

 さらに、このシーンでは、主人公を演じる江本佑が全裸で街を走り抜ける様子を見て驚く通行人役として、末井がカメオ出演している。つまり、末井は、映画というスクリーンのなかで、柄本が演じる若き日の自分と対面するのだ。その点でも、このシーンは、映画の最も重要な見所といっていい。

「すごい面白い雑誌を作ってきた末井さんを尊敬しています。末井さんのもとで働きたいと思ったこともありましたが、今は叶いません。だから、僕が出来ることは、末井さんを映画にして今を面白くすることなんです」

 冨永監督はそう熱く語った。実際、この映画にはいろいろな面白い仕掛けが隠されている。それらのアイディアは、雑誌編集者として数々の大ヒットを飛ばし、昭和から平成にかけての出版業界を駆け抜けてきた末井自身の感性ともシンクロするものだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング