毎日目からアリが湧き出る少女 — 10日で60匹… 原因不明で“呪い”の可能性も

tocana / 2018年3月25日 7時0分

写真

 インドの11歳の少女の目からアリがわき出るという奇怪な現象が起きているという。出て来たアリの数はなんと60匹を超えるという。一体少女に何が起きているのか。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/03/post_16376_entry.html】

■目の中にアリが……

 今月8日付の英「Daily Mail」の記事によると、アリが目から出てくるという異常に苦しんでいるのはインド・ベルサンガディーの村に住む11歳の少女アシュウィニさん。突然目の激痛や炎症を訴え始めた娘に、両親がまぶたをめくって調べると、目の中に小さなアリがいた。

 最初は寝ている間に入り込んだのだろうと考えていたが、アリは連日アシュウィニさんの目から出てくるようになった。近所の医師に相談したところ、耳から入り込んで目から出て来ているのではないかと言われたという。

 医師に目薬をもらったものの、症状は一向に収まらない。アシュウィニさんの目の中からは毎日5、6匹の死んだアリが見つかっており、その総数はなんと10日で60匹にも及ぶという。

 両親は娘に起きている怪奇現象の原因を邪悪な精霊の仕業ではないかと考え、占星術師にも相談を持ちかけた。その見立てによれば、アシュウィニさんは「Naga Dosha(蛇の呪い)」にかかっており、目からアリが出るという奇妙な現象もその呪いが原因なのだという。

 一方、症状が改善しないことを重く見た学校の教師たちは、アシュウィニさんを近くの町の病院へと連れて行った。だが、診察した医師は、アリが目から出ているところを実際に見ないと何もわからないとしか言わなかったという。

■過去には耳からアリが出たケースも

 オカルトニュースサイト「Oddity Central」によれば、体内からアリが湧き出る異常な現象は過去にもインドで報告されているという。2016年の記事によれば、グジャラート州に住むシュレイヤ・ダージさん(当時12歳)は、耳から生きたアリが出てくるという奇怪な現象に悩まされた。

 シュレイヤさんは病院でMRIの撮影など様々な検査を受けたものの、体内からアリの巣や異常は全く見つからなかったという。だがアリは毎日彼女の耳から現れ続け、その総数は1000匹を超えたという。幸いなことに、奇怪な症状は6ヶ月ほどで収まり、特に後遺症もなくその後は元気に暮らしているという。だが、彼女の耳からアリが出てきた原因は不明のままだ。

 目や耳の中にアリが……なんて想像するだにぞっとする現象だ。アシュウィニさんの症状が一日も早く収まることを祈るばかりだ。

(編集部)
イメージ画像:「Thinkstock」より

tocana

トピックスRSS

ランキング