【心理テスト】最初に見えたもので分かる「恋愛への隠れた恐怖心」が当たりまくる! 時間の浪費や容姿劣化など…!

TOCANA / 2018年4月18日 7時30分

写真

 恋に落ちることや誰かと愛し合うことはすばらしいことだが、その影で不安や恐怖に怯えることは誰にでも起こりうる。だが、何を恐れるのかは人それぞれである。

 恐怖の対象とはいうなれば自らの弱点でもあり、それを自覚するのはしんどいことだ。しかし恋人やパートナーのため、ひいては自分自身のために、自分が何に怯えているのかをはっきりと自覚することは大切なことだ。

 そこで今回はウェブメディア「Your Tango」から、恋愛関係の中で密かに恐れていることを明らかにする心理テストをご紹介しよう。やり方は簡単。下の画像を見て、最初に何が見えるかをチェックするだけだ。では、早速やってみよう。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/04/post_16621_entry.html】

■絵描き

 最初に絵を描いている人の姿を見たという人は、パートナーと敵対することを恐れているタイプだ。このタイプは自分の生き方に強いこだわりを持っている。そして、愛に基づいた関係が自らを危険にさらしていることを知っており、パートナーに対する自らの愛が、自分自身へと向けられる武器になってしまうことに怯えてしまうのだ。

 このタイプはまずこぶしを降ろし、ガードを下げることを学ぶべきだろう。自らを危険にさらすことなく、誰かのすぐ側にいることはできないのだ。

■女性の後姿

 座っている女性の後姿が最初に見えた人が密かに抱えているのは、外見が衰えたときに捨てられてしまうのではないかという恐怖だ。自分には外見以外にも長所がたくさんあると分かってはいても、つい自分の外見的な魅力を武器にしてしまうタイプであり、自分の見た目の魅力が色あせたときが愛の終わりではないかと怯えているのだ。

 もしも外見が変化したからという理由で別れる選択を相手がしたなら、その人に感謝しよう。必要なのは何があろうと一緒にいてくれる人だと教えてくれたのだから。

■リンゴ

 最初にリンゴが見えた人は、恋愛で時間を浪費してしまうことを恐れているタイプだ。このタイプは自分自身のために時間を費やすことで成功するが、パートナーへの愛を逆手に取られ、自分の大切な時間を奪われないかと心配しているのである。

 人生の他の物事と同様に、人間関係でもバランスを取る事が重要だ。自分の時間が必要なら、それを伝えることを恐れないことだ。愛と理解のあるパートナーならちゃんと分かってくれるはずだ。

■目を閉じた顔

 目を閉じた顔を最初に見た人が密かに抱えているのは、永遠に心が壊れてしまうのではないかという恐怖だ。このタイプは「恋に落ちる」ことが大好きで、成り行きに身を任せてしまい、自分自身を放り出してしまう。その過程で自分の心が壊れてしまうのではないかと心配してしまうのだ。

 心が傷つくのは辛いことだが、真の愛を見つけるチャンスから遠ざかってしまうことはもっと苦しいことかもしれない。真の愛を求めるとき、リスクや冒険はつきものなのだ。

 いかがだっただろうか。恋愛には様々な負の感情が付きまとうものだが、その不安や恐怖を克服するには、まずは自分が何を恐れているのか把握しなければならない。この心理テストがわずかでもその手助けになれば幸いである。

(編集部)

※イメージ画像は、「Thinkstock」より

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング