【悲報】イエローストーン噴火でアメリカ滅亡確定! 400度の灰、動植物死滅、経済崩壊… いつ起きてもおかしくない「最悪のシナリオ」

tocana / 2018年4月24日 7時30分

写真

 北アメリカ大陸最大の火山地帯・イエローストーンが大規模噴火を見せた際の被害を予測した研究が発表されている。ひとたび噴火すれば、火山の周辺地域に壊滅的な被害を及ぼすばかりでなく、広いアメリカ大陸の住民のほとんどに何らかの被害が及ぶという。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/04/post_16593_entry.html】

■イエローストーン火山噴火の被害は東海岸にも及ぶ

 最先端の科学を駆使しても地震予測はきわめて難しいが、活火山の噴火も意外なほど難しいのは昨今の痛ましい火山被害の具体例を見ても明らかだ。

 現在も数百カ所の地点から熱水を噴き上げている北アメリカ最大の火山地帯・イエローストーン火山が噴火したらアメリカはいったいどうなってしまうのか? 最近の研究ではこれまでの想定よりも凄まじい規模の被害予測を報告している。北アメリカ大陸の西側に位置するイエローストーンだが、その被害はなんと東海岸にも及ぶのである。イエローストーン火山の前回の大規模噴火は64万年前ともいわれ、噴火サイクルの面からは現在いつ噴火しても不思議ではないといわれている。

 米連邦緊急事態管理庁(FEMA)の研究では、イエローストーン火山の噴火による火山灰の降灰を6つのエリアに分けて試算したデータを公開している。噴火の被害が最も小さい「ゾーン6」にはなんと東海岸のノースカロライナ州一帯も含まれているから驚きである。火山から800キロ圏以上のゾーン6であっても降灰量は1センチから6センチにも及ぶということだ。

 そして無視できないのは二次災害だ。降灰は建物や施設、道路にダメージを与え、交通事情が悪化し、耕作地や畜産の現場にも深刻な被害を及ぼし食糧生産が低下する。また通信ケーブルや各種の電波基地局施設にも少なからぬダメージを与えてコミュニケーションにも支障をきたす。

 もちろん火山から最も近い80キロ圏内の「ゾーン1」の被害はきわめて甚大だ。400度を超える火の粉となった火山灰が3メートルも降り積もり、すべての動植物が死滅する地獄の様相を呈する。事前の避難状態にもよりけりだが、死者は7万人を想定している。

 ゾーン1よりもさらに離れた「ゾーン2」、「ゾーン3」ではもちろん被災率は低くなるものの、地域の自然環境と農業に取り返しのつかない被害を及ぼすことになる。また2014年の研究では、イエローストーンの降灰は各種建造物に深刻なダメージを与え、水路を遮り、電子通信機器の障害をもたらすことが報告されている。イエローストーンの噴火はその後のアメリカ社会を長く蝕む問題に発展することになる。まさに国家存亡の危機につながるのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング