【警告】「メガマウス出現と地震発生は無関係」NHK報道に疑問! 過去データで完全反証、深海ザメの予知能力をナメるな!

TOCANA / 2018年7月12日 7時0分

写真

 5月11日のNHK総合「ニュースウオッチ9」で、幻の深海ザメ「メガマウス」に関するニュースが報じられた。それは、ツイッター上で拡散しているメガマウス水揚げのニュースが、実は“フェイク情報”であると判明したことを受け、ネット上に広まるデマを問題視する内容だった。番組では科学者が登場し、メガマウスと地震との関係をキッパリと否定。

 しかし、地震の研究を数十年にわたって続けてきた筆者としては、数ある深海生物の中でもメガマウスはとりわけ地震との関連性が高いと考えており、この番組内容には大いに疑問を抱かざるを得ない。今回は、過去のデータを元にこれまで日本近海で発見されたメガマウスと地震の関係をお伝えしたい。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/07/post_17450_entry.html】

■ツイートはフェイクだった、しかし……!

 メガマウスは、その名の通り巨大な口をもつネズミザメ目メガマウスザメ科に属するサメで、深さ100~200m程度のやや浅い深海に生息する。1976年にハワイ沖で初めて発見されたが、その後も捕獲はおろかほとんど目撃されず、出現例はわずか数十件、そのうち約20件が日本近海での目撃となっている。

 そして今年4月上旬、ツイッターにメガマウスが打ち上げられたこと、さらにこれが地震の予兆だとするツイートが投稿され、ネット上で拡散した。「ニュースウオッチ9」によると、その真偽を検証するため三重県尾鷲市の漁港で現地取材した結果、拡散された写真は2016年4月15日に尾鷲漁港で水揚げされた体長5m、重さ1トン以上のメガマウスだったことが判明したという。

 ここで問題視されたツイートは、「人気ツイート集」(@ninki_tuito)というアカウントが4月8日に投稿したもので、「三重県でメガマウスが上がったらしい。メガマウス上がるのは大地震くる前兆みたいです」という内容に、メガマウスの写真が添付されたものだ。

 ツイートに添付された3枚の写真は、異なるニュースメディアから流用したものであり、やはり意図的に過去の情報を流した疑いは残るだろう。NHK取材班が、アカウントに接触を試みたが、返事はなかったという。

■「メガマウス出現と地震は関係ない」と言い切って大丈夫か!?

 しかし、筆者が本当に問題視するのはここからだ。「ニュースウオッチ9」は、専門家として北海道大学の仲谷一宏名誉教授(水産学)にコメントを求め、「メガマウスと地震に関連性はない」という言葉を引き出しているのだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング