【速報】世界初「低周波の宇宙人メッセージ」受信か!? 17億円超のカナダ望遠鏡が高速ガンマバースト(FRB)観測!

tocana / 2018年8月4日 7時0分

写真

 遠く宇宙の彼方から届くエイリアンメッセージともいわれる「高速電波バースト(Fast Radio Burst、FRB)」を、カナダの日本円にして17億5千万円の最新型電波望遠鏡が新たに観測した。今回観測されたのは観測史上初となる700MHz以下という低い周波数のFRBだという。英「Daily Mail」など多数メディアが報じる大騒ぎとなっている。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/08/post_17726_entry.html】

■新型望遠鏡が捉えたFRB

 カナダ・ブリティッシュコロンビア州にある新型電波望遠鏡CHIME(Canadian Hydrogen Intensity Mapping Experiment、カナダ水素密度マッピング実験)が新たなFRBを観測した。FRBはほんの数ミリ秒だけ強い電波が観測されるという謎多き現象で、2007年に初めて観測されて以来、これまでに世界中でおよそ20回しか観測されていない。

 カナダ・マギル大学の天文学者パトリック・ボイル氏が専門サイト「The Astronomer’s Telegram」に投稿した速報によると、FRBは7月25日17時59分(UTC)に観測された。この「FRB 180725A」は580MHzという低い周波数が特徴で、700MHz以下で観測された世界初のFRBなのだという。CHIMEでは「FRB 180725A」以降もFRBが観測されており、その中には400MHzというさらに低周波数のものも見つかっているという。発生源は現在のところ不明で、解析を進めている最中だとしている。

■謎多きFRB

 FRBについて分かっていることは少ない。過去のFRBの発信源として特定された「FRB 121102」は、ブラックホールの近くにある中性子星と考えられているが、超新星爆発やパルサーなどもFRBの発信源である可能性が指摘されているなど、発生元もメカニズムも不明なままだ。エイリアンからのメッセージであるという主張も存在する。英ノッティンガム大学の天体物理学者クリストファー・コンセリス氏は英「Daily Mail」紙に対し、「我々のまだ知らない物理的なメカニズムかもしれません」と話している。

 今回FRBを観測したカナダのCHIMEは、かねてよりFRBの観測とその謎を解明するものと期待されていた新型望遠鏡である。CHIMEは可動部のないアンテナを並べた電波望遠鏡で、宇宙から地球に降り注ぐパルスを高感度で受信することができる。2007年の発見以来20回ほどしか観測されていないFRBであるが、実際には一日に数千~数万回も発生しているとも言われており、CHIMEのように環境さえ整えば、一気に多量のデータを得られる可能性は高い。

 遠く宇宙から届く不思議な信号FRB。低周波数のFRBも観測できるとなれば、それが本当に「宇宙からの信号」なのかどうか、その謎が解明される日はそう遠くないかもしれない。

(編集部)

※イメージ画像は、「Thinkstock」より

tocana

トピックスRSS

ランキング