上原多香子とW不倫の阿部力だけじゃない、有名タレントと不倫した芸能人の現在がヤバい! 「神経図太い」「よく表に出てこられるな」

tocana / 2018年11月21日 9時0分

写真

 11月3日に「RIP SLYME」のSU(45)が自身のインスタグラムを更新し、グループの活動休止を明言した。SUは、2017年にモデル・江夏詩織(23)との不倫疑惑が浮上。この騒動によって「RIP SLYME」は5人での活動を一部自粛し、今年10月には公式サイトとファンクラブは閉鎖に。この事態をSUはインスタで、「ファンクラブの閉鎖。5人での活動を休止。全ての責任は私 大槻一人 suにあります」と綴っている。

 SUを咎める声も少なくないが、「RIP SLYME」ファンの怒りは江夏にも飛び火。彼女は自身のインスタを11月1日と3日に更新しており、そのタイミングにツッコミが続出している。江夏が投稿した画像のコメント欄には、「不倫って楽しいんですか?」「今は投稿をやめておくのが最低限の礼儀だと思いますよ」といった声が上がり炎上。現在、江夏のインスタへの批判的なコメントは削除されている状態だ。

 今回は江夏のように、不倫や不貞疑惑で世間を賑わせた当事者たちの現在を紹介していこう。


●真麻

 17年に“アパ不倫”で世間を賑わせた俳優の袴田吉彦(45)。その不倫相手である真麻(旧芸名:青山真麻)は、11月8日に掲載された「日刊ゲンダイDIGITAL」のインタビューで近況を報告している。現在の真麻は、インターネット動画サービス「17 Live」の“ライバー”として活躍中。さらに新恋人である建設管理関連企業の40代社長と、近いうちに結婚する予定だと明かしていた。

 このビッグニュースがネットで拡散されると、「どうでもよすぎてビックリ」「野心がすごいな。全然褒めてないけど」「不倫する人ってめちゃめちゃポジティブだよね。少し叩かれたくらいじゃ心折れない」「売名のためにネタを売ったけど、全く効果がなかった上に袴田が売れちゃったね」といった声が。真麻に対する世間の風当たりは現在も強いようだ。


●小山ひかる

 同じく17年に、雨上がり決死隊の宮迫博之(48)と“オフホワイト不倫”疑惑が報じられたモデル・小山ひかる(27)。彼女は不貞疑惑が世間を賑わせたあとメディアに進出したが、「売名」と叩かれていた。

 小山は疑惑発覚からおよそ2カ月後に『サンデー・ジャポン』(TBS系)へ出演し、改めて不倫は無かったと疑惑を否定。さらに『週刊プレイボーイ』(集英社)で初のグラビアに挑戦し、手ブラ姿やセミヌードなど大胆な脱ぎっぷりを披露した。注目を集めた小山のメディア進出だが、ネット上からは「ノコノコ出てきてテレビ番組に出演するなんて、かなり神経図太い。宮迫はいいダシに使われたな」「売名ひかるって芸名に変えて、どんどん売名していくキャラになれば?」などの声が続出。ブレイクに失敗した小山は現在、「ニコ生」やイベントに出演して活躍している。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング