【警告】ジム通い・筋トレ好きの男はメンヘラの可能性大!「筋肉は男の化粧品」「身体醜形障害多し」ハーバード大

tocana / 2018年11月28日 7時0分

写真

 健康への意識の高まりを反映するかのようにフィットネスクラブやスポーツジムが昨今増えてきているが、身体を鍛え過ぎる男性に警告が発せられている。過度に体型を気にする男性にメンタルヘルス悪化のリスクが懸念されているという。


■若い男性の10%が身体醜形障害に苦しんでいる

 24時間営業のジムも増え続けていることから、時間を気にすることなく毎日でもジム通いができるようになっている昨今だが、身体を鍛え過ぎる男性にメンタルへのリスクがあることが最新の研究で報告されている。自分の体型にこだわってトレーニングを続ける男性はうつになりやすいというのだ。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/11/post_18713_entry.html】

 ノルウェー科学技術大学(NTNU)と米ハーバード大学の合同研究チームが先日、摂食障害を扱った学術ジャーナル「International Journal of Eating Disorders」で発表した研究では、男性の過度な体型へのこだわりが招く健康への影響を探っている。

 研究チームはアメリカ国内の18歳から32歳の男性2460人を調査して、若い男性の10%が広い意味での身体醜形障害(body image disorder)を抱えていることを突き止めた。これまで考えられてきた以上に、若い男性は自分の体型を気にしているのである。そしてそのうちの3分の1が過去1年間に本格的なダイエットを試みたことがあると回答している。

 プロサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドのような理想的な肉体を手に入れたいと望む若者にとって、ジムでトレーニングすることが“フルタイムジョブ”になっていると研究チームは指摘している。そしてこうした自分の体型への過剰なこだわりがメンタルへ悪影響を及ぼしているという。

 研究チームによれば、体型にこだわる若い男性にうつのリスクが高まるだけでなく、週末の大量飲酒や合法・非合法の薬物の摂取、アナボリックステロイドなどの筋肉増強剤の摂取の確率が高まるということだ。

 特に日常的に身体を鍛えている男性の一部はある種の強迫観念にとらわれているという。

「アナボリックステロイドの使用を考えている」

「自分の肩の筋肉はまだまだ十分じゃない」

「トレーニングを休むと罪悪感を感じる」

 身体を鍛えている者たちからは一様に上記のような発言があったということだ。現代の若い男たちはかくも自分の体型を気にかけているのである。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング