消えた紅白出場歌手「ミヒマルGT」hirokoの現在が超悲惨だった! 夫が稀代のペテン師、余罪多数で…

tocana / 2018年12月18日 7時0分

写真

 久しぶりのその名を聞いた人も多いだろう。NHK紅白歌合戦にも出場した「mihimaru GT」のボーカルhirokoの夫が詐欺容疑などで警視庁捜査2課に逮捕されていたことがわかった。捕まったのは経営コンサルティング会社社長の池田泰章容疑者。警察の調べによると、2013年12月上旬ごろ、知人を介して知り合った福島県会津若松市に住む歯科医の男性に、実在する病院の会報誌を見せながら「会報誌の通信販売枠に載せれば、凄く売れます。その商品を選別して仕入れるための会社を作ります」と嘘の出資話を持ちかけ、現金300万円をだまし取った疑いが持たれている。同容疑者は男性をあざむくために、法人登記も行ったが、資本金の預金口座を示す書類を偽装して提出。実際より資本金が多くあるよう見せかけていたが、業務実態はなかった。警察の調べに同容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

 災難なのは、hirokoだ。2人は2014年12月に結婚&出産を発表。池田容疑者の猛アプローチによって結ばれたそうだが、その時点で夫が詐欺に手を染めていることは知る由もなかった。

 そればかりか、詐欺まがいのビジネスは結婚後、一層拍車がかかった。池田容疑者の手口は著名人との交流をチラつかせ、相手を懐柔すること。当然、その中には妻のhirokoに名前も含まれる。社会部記者いわく「妻が人気歌手というのを売り文句にして、金持ちに接近していた。そう考えると、彼女との結婚自体がビジネス。hirokoさんはまんまと結婚詐欺にあってしまったようなものかもしれない」。

〝宇宙人〟こと鳩山由紀夫元首相の名前も頻繁に聞かれたという。池田容疑者の母親は有名実業家の池田佳代さん。慈善事業に注力する彼女は政界にも顔が利き、そうした人脈を通じて池田容疑者は鳩山氏と親交があったという。2015年には「鳩山氏と行く中国ツアー」を計画。そのための会社設立を複数人に持ちかけ、数百万円の現金をだまし取った疑いがもたれており、被害者から告発されている。「ツアーには胡錦濤前総書記との会食も組み込まれており、賛同者の欄にはソニー元会長の出井伸之氏やキヤノンCEOの御手洗冨士夫氏、森喜朗元首相の名前もあった。言うまでもなく、それらは全部デタラメ。稀代の詐欺師ですよ」(週刊誌記者)

 ほかにも同様の〝詐欺ビジネス〟で利益を得ていたとされ、捜査関係者によれば「余罪は十数件」。マスコミ各社には「自分もダマされた」という被害者からタレコミ電話が殺到しているという。

〝ダマされた〟のはhirokoも同じ。出会った当初は、ヤリ手実業家の皮をかぶり、彼女の目の前では羽振りの良いところを見せていたというが、実際はただの詐欺師。彼女は夫の逮捕をニュースで知ったそうで、今後離婚も視野に入れているという。ミヒマルの代表曲と言えば「気分上々↑↑」だが、私生活は上々とはいかなかったようだ。
【文=本田あつし】


※イメージ画像は、「gettyimages」より

tocana

トピックスRSS

ランキング