藤原紀香の“愛之助コントロール術”が怖すぎる! 風水と「紀香汁」投入し… 海老蔵さえも操られている!?

tocana / 2019年1月24日 8時0分

写真

 女優の藤原紀香が12日放送の「にじいろジーン」(フジテレビ系)で披露した“手作り弁当”がプチ炎上している。スパムや鮭、梅のおにぎりを作っている風景を「自撮り棒で、一応撮影しておいた」と公開。「セロファンで巻いて、千社札をつけてみた」と、自身の名前が入った千社札のシールを付けて、見た目にもこだわっていることをアピールしていたが……。

 ネット上では罵詈雑言の嵐。おにぎりにいちいち「紀香」の札を貼っていることや、調理に不相応な“ひらひら服”を着ていたことで「こんなこと毎回やってたら、ただのバカだろ」「炎上狙いなのでは?」と厳しい声が相次いでいる。

 だが、この手作り弁当を喜んで食べている人がいるのも事実。夫の片岡愛之助だ。

「紀香さんと結婚後、徹底した栄養管理とカロリー計算で、愛之助さんは5キロ以上のダイエットに成功。体調もすこぶる良いそうです」(芸能関係者)

 紀香のこだわりは凄まじく、楽屋に用意されているお茶やお菓子類すら夫に「口にしてはいけない」と指示。

「お弁当についてくる味噌汁にも『こんなの添加物ばっかり』と難クセをつけ、家で作った厳選素材の“紀香汁”を持たせているそうです」(梨園関係者)

 梨園では“新参者”の紀香。その“目立とう精神”が週刊誌等で叩かれることも多いが、少しずつ風向きが変わりつつあるようだ。
「最近は栄養士として、梨園の先輩妻たちからアドバイスを求められることも多いそうです」(同)

 夫の服装も得意の風水で毎日コーディネート。玄関を出る際、右足と左足どちらを先に出した方が幸運を得られるかについても助言しているという。こうしたがんじがらめの生活に前夫の陣内智則は耐えられなかったが、ゲンを担ぐことが当たり前の歌舞伎界では、むしろ結果オーライ。

「あの市川海老蔵さんも愛之助さんに連絡し、幸運を呼び込むために行っている習慣を聞いているそうです。起床時間も参考にしており、愛之助さんが『朝4時』と言えば、海老蔵さんも1週間は朝4時に起きる。つまり、海老蔵さんも間接的に紀香さんに師事しているということ。散々、梨園入りを叩かれた紀香さんですが、実は最も向いているのがこの世界かもしれません」(女性誌記者)

 ゆくゆくは“姐さん”と慕われる日がやって来そうだ。
(恐山トマト)

画像は「気愛と喜愛でノリノリノリカ」より引用

tocana

トピックスRSS

ランキング