NASA現役科学者が超必死のメディア攻勢「エイリアン隠してない。隕石衝突の危険は公表する」! むしろ怪しさMAXに…!?

tocana / 2019年1月25日 7時0分

写真

 UFOやエイリアンについて何かを隠していると疑われ続けているNASAだが、“中の人”たちは日々どんな思いで任務に当たっているのか。最近公開された動画で、NASAのベテラン科学者が率直に思いの丈を口にしている。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2019/01/post_19470_entry.html】

■「NASAは地球に迫り来る危機を公表する」

 2017年にはペンタゴン(米国防総省)公認の「UFO動画」が公開され、2007年から2012年までの間に極秘UFO調査プロジェクトが存在していたことまでもが明らかになったのは記憶に新しい。では、NASAにもこのような我々には知らされない極秘のプロジェクトや組織があるのだろうか。

 NASAのベテラン科学者で現在はNASAのゴダード宇宙飛行センター(GSFC)の管理職を務めているミッチェル・タラー氏が、米オンラインメディア「BigThink」の動画の中で、人々からよく寄せられる質問や疑惑について気さくに回答している。

 宇宙についてまず最も人々が懸念しているのは、地球に衝突する可能性がある隕石や彗星、小惑星が近づいているのではないかという疑いである。実はNASAは衝突する日をすでに知っているものの我々には公表していないという疑惑を持つ人が実に多いのだという。

 はたしてNASAは地球に危機が迫っていることが判明した時、そのことを我々に公表するのだろうか? タラー氏は「イエス(公表する)」と断言している。

「実際に私たちは地球に衝突する可能性のある天体を毎日探しています。そして、もし何かのリスクをはらむ物体を発見した場合は、多くの人々にそれを伝えます」(ミッチェル・タラー氏)

 空と宇宙は誰のものでもなく、すでに世界中どこにでも高性能の望遠鏡が設置されていることから、もしNASAが隠したとしてもすぐに発見されるということだ。

 近い将来に何かよからぬことが起こることが科学的にわかった場合、サイエンティストはそれを正直に人々に教えてくれるのかどうか、多くの人々が疑念を抱いているのは事実のようである。2012年の“マヤ歴の終了”の件でも「地球が滅亡するというのは本当なのか?」という問い合わせがNASAに多く寄せられたという。

「ある日NASAのすべての科学者がクレジットカードの限度額一杯まで高級ワインを買い占めてどこかへ姿をくらました時こそ、本当に心配すべきでしょう」(ミッチェル・タラー氏)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング