多部未華子の“20代最後のキス”はあの男だった!? 石原さとみ、戸田恵梨香…「唇開けるな!」美女とキスし3枚目俳優4人!

tocana / 2019年3月27日 8時0分

写真

 3月19日に開かれたスペシャルドラマの記者会見に、ムロツヨシ(43)、多部未華子(30)ら出演者が登場。同席で多部が、「20代最後のお芝居がムロさんとのキスシーンだった」と明かして話題になっている。

 同席で多部がキスシーンの裏側を明かすとムロは、「20代最後のキスだったということですね?」と質問。多部は「はい…。光栄でした」と恥ずかしそうに明かしていた。さらにムロは、昨年10月期に放送されたドラマ『大恋愛 ~僕を忘れる君と』(TBS系)で戸田恵梨香(30)ともキスシーンを披露。ここ最近のムロは、美女とキスする機会が増えているようだ。

 多部や戸田といったお相手と唇を重ねているムロに、SNSなどからは「ムロツヨシ、戸田恵梨香の次は多部ちゃんとキスするなんて羨ましすぎる」「ムロツヨシとキスしたら戸田恵梨香&多部未華子と間接キスということか…!」「ムロさん、俳優としては好きだけど、ラブシーンとかキスシーンはやっぱイケメンが良いなぁ」といった声が上がっている。

 今回はムロのように、美女とキスしたことのある3枚目俳優たちをご紹介していこう。

●峯田和伸

 銀杏BOYZの峯田和伸(41)は、昨年7月期のドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)で石原さとみ(32)とキスしていた。同作は自転車店を営んでいる冴えない男・風間直人(峯田)と、美貌と財力と才能を兼ね備えた令嬢・月島もも(石原)のラブストーリー。2人は第3話に植物園でキスシーンを披露している。

 峯田と石原の妖艶なキスに、視聴者からは「石原さとみとキスできた峯田、雄として明らかに勝ち組」「フェスで全裸になってた峯田を知ってると、石原さとみとキスする未来が来るなんて想像もしなかったよ」といった声が。しかし一方で「峯田! 石原さとみのキスを唇開けて受け入れてんじゃねえ! されるがままにされてろ!」「童貞役なはずなのに、キスするときに口を半開きにしててキモ過ぎて鳥肌たった」などの声も上がっていた。

●八嶋智人

 2008年に公開された映画『秋深き』では、八嶋智人(48)が佐藤江梨子(37)とキスしている。2人は同作の舞台挨拶で、キスシーンについて言及。八嶋は「撮影中、こんなに美しい人がずっと傍にいてくださって…」と胸の内を明らかに。八嶋より9センチ身長が高い佐藤は、キスシーンについて「身長のバランスが…」と苦笑いを浮かべていた。

 また同席で佐藤は、「温水さんとキスする仕事がある」とも発言。翌日に温水洋一(54)とのキスシーンが控えていると明かした。さらに佐藤は、16年に放送された昼ドラ『嵐の涙 ~私たちに明日はある~』(フジテレビ系)で宅間孝行(48)ともキス。出産後初の連ドラでのキスシーンについて、「台本にないのに(宅間が)超いっぱいキスしてきて“うわー! 人妻なのに”とか思いながら受け入れています」と胸の内を語っている。

●小日向文世

 ベテラン俳優・小日向文世(65)も、多部とキスをしていた。2人がキスしたのは、17年の舞台『オーランドー』でのこと。35歳差のキスについて小日向は、「最初に稽古場でメイクもせずキスした時は何と言っていいか…」「多部さんのファンに殺されるんじゃないかなと思った」とコメントしている。

 2人のキスは注目を集め、ネット上には「小日向さんが羨ましい…」「ドラマとか映画じゃなくて舞台でキスってちょっと生々しいな」「35歳差って、演技とはいえアリなのか?」などの声が上がっていた。ちなみに多部は小日向とのキスについて、「もう慣れました。光栄です」と振り返っている。多部にとってキスシーンは名誉あることのようだ。

(文=ヤーコン大助)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング