賞味期限がウソだった食べ物13の“新期限”と確認方法が判明! 卵は○○に入れる、牛乳は3カ月もつ、食パンやパスタは…

tocana / 2019年4月25日 14時0分

●じゃがいも

消費期限: 2019年4月23日
新期限: 2019年5月14日

 じゃがいもは消費期限後3週間もつ。緑色に変色し、芽が出ても、それらを切り取れば食べることができる。カビが生えてもその部分を切り取った上で、中身がクリーム色で固ければ問題ない。柔らかい場合も食べられるが、味の保証はない。

●いちごジャム

消費期限: 2019年2月
新期限: 2022年

 未開封のジャムは賞味期限後半年から1年もつ。開封した場合は冷蔵庫に入れていれば1カ月は食べられる。カビが生えても表面から2~3センチ削り取ればよい。ただし変な味がすれば捨てるべきだ。

●乾燥パスタ

消費期限: 2021年10月30日
新期限: 2023年10月30日

 乾燥パスタや生米ならば密封されていれば賞味期限後2年間食べることができる。カビやバクテリアが繁殖する恐れがないからだ。ただし時間とともに味や匂いは失われていく。

 生パスタは開封せず冷蔵庫に入れておけば賞味期限後1週間もつが、開封してしまったら賞味期限後1、2日しかもたない。

 生米は賞味期限後も何カ月ももつが、玄米は消費期限後1カ月が限度。玄米に含まれる油分が劣化を早めるためだという。

●トマト缶

消費期限: 2020年12月
新期限: 2021年12月

 缶詰食品はおおむね長い賞味期限を持つが、トマトや豆類は賞味期限よりも1年間長くもつ。ただこれは未開封であり、温度の低い暗い場所で保管されていた場合である。

 一度開封したら中身を取り出し別の容器に移し替え密閉した方が良い。悪臭がしたり、カビが生えたら、もちろん口にしてはならない。

 また缶に凹み、漏れ、膨らみがある場合はすぐに捨てるべきだ。

●ミートパイ

消費期限: 2019年4月23日
新期限: 2019年4月23日

 ミートパイは消費期限通りに食べなくてはならない。加工肉にはリステリアが含まれている場合があるからだ。もちろん冷蔵庫で保存しなくてはならない。

 多くの冷蔵庫は5℃程度に設定されているが、場合によっては14℃になっている機種まる。一度、冷蔵庫の温度を確認しておいた方が良いかもしれない。

 体の中に入れるものにはどうしても神経質になりがちだが、なんでもかんでも賞味期限を絶対視する「賞味期限パラノイア」は食品ロスの観点から見ても家計の面から見ても得策ではないだろう。エヴァンズ教授の指摘を参考に食べ物は大切に扱いたいものだ。

※イメージ画像:「Gretty Images」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング