悪い噂ばかり聞くので、ジャニーズ事務所の「良いところ」を業界人が聞いて回ったみた結果…

tocana / 2019年5月16日 7時30分

写真

「ジャニーズ事務所の褒めるべき点…スクールやレッスン名目でお金をとらない」

 SMAPの解散騒動以降、ジャニーズ事務所への世間の目は冷たいものがある。いわゆるブラック芸能事務所としてのイメージがあまりに強くなったからだ。

 しかし、これだけ世間から嫌われると、逆に「褒められるべき点」がひとつくらいあるのではないかと考え、業界人にジャニーズ事務所の「良いところ」を聞いて回った。その結果、なかなか興味深いエピソードや事実が出てきた。

「ジャニーズの金銭面は褒められるべき点もあると思います。普通の芸能事務所では売り出し中のタレントは固定給で生活を安定させ、売れ出してからもしばらくは給料制です。たとえば既に売上が億近くに達していても固定給で月に50万円程度しか払わないこともあります。これによって売り出しまでにかかった費用を回収しているんですが、ジャニーズの場合にはJrも含めて全員が完全歩合制です。そのため、売れれば即座に収入もあがるシステムです」(芸能プロダクションマネージャー)

 たしかに既に売れっ子でも給与制の俳優や女優などは多くいて、その給料額には驚かされることもある。しかし、逆に売れるまでは給料のほうがありがたいのも確かであり、Jrなどは苦しい生活を強いられるのではないのか。

「Jrの場合はたしかに収入も少ないですが出演したステージ数に応じてどんなに末端の子でもギャラが払われます。また、仕事先では弁当があるほか本番後は事務所スタッフが食事に連れていったりと食費には困りません。さらにお年玉が各先輩から配られるほか、本番初日などにはご祝儀もあります。これらのお小遣いだけでも年間で100万円以上になるJrもいて、実家暮らしならば苦しいことはありません」(同)

 これだけ貰えるならば、たしかに問題はないのかもしれない。

 さらに、デビューに至るまでのレッスンにおいても業界の常識とは真逆の立場を貫いているという。

「最近の芸能事務所は吉本のNSCなどに代表されるように養成所や芸能スクールなどを運営しているケースが多く、授業料をとりながらタレントの卵を探せます。しかし、ジャニーズは振付師などがレッスンをおこなっているものの、その際に費用はかかりません。タレントの正式募集をしていないので門は狭いですが、一旦入ってしまえばコストをかけずにタレントを目指せるんですから、この点を切り取れば良い事務所と言えますよ」(テレビ局プロデューサー)

 名だたる大手芸能事務所はほぼ全てが養成所やスクールを設けているため、このような姿勢は今の時代においては珍しいと言えるだろう。

 また、デビューしたあとの福利厚生の面でも恵まれた事務所のようだ。

「ジャニーズ事務所の最大の特徴はある種の年金制度があることです。デビューしたあと仕事がなくなれば無収入となってしまうのが一般的な芸能人の歩む道のりですが、ジャニーズの場合、1度正式デビューしたメンバーはそのあとまったく仕事がなくなっても年金のような形で毎月固定給が払われます。そのため、食いぶちに困ることがないんです」(芸能事務所幹部)

 このような事務所も相当珍しいため、所属タレントを取り巻く環境としてはたしかにブラックとは言えない事務所だ。無論、こうした制度の話ではなく社風や社内の風通しなどの面ではブラックが側面があることは否めないのだが他社にない優れた取り組みは褒められるべきだろう。

(吉沢ひかる)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング