転職で収入アップを狙うなら!平均年収が1000万円を超える業種

LIMO / 2019年5月23日 18時0分

写真

転職で収入アップを狙うなら!平均年収が1000万円を超える業種

「転職によって年収が上がった」という人もいれば、反対に「以前の収入のほうがよかった…」というケースもありますよね。どうせ転職するなら、年収アップを狙いたいところです。

そこで今回は、高収入を目指すポイントをお伝えします!転職を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

高収入の会社員はどのくらい存在する?

そもそも、会社員が高収入を得るのはどのくらい難しいことなのでしょうか。国税庁は、日本の平均給与所得は約420万円であると公表しています。

そのなかで高収入のイメージのある「年収1000万円以上」に当てはまる人は、わずか4%ほど。限られた人だけではありますが、会社員でも高収入を得るチャンスはあるとも考えられます。

会社員で高収入を狙える業種は?

では、高収入を得られる業種はどこなのでしょうか。東洋経済新報社の東洋経済オンライン『最新!「平均年収が高い会社」ランキング300(2018年2月23日)』の発表によると、2019年度版就職四季報に情報開示をしている1113社のうち、「平均年収が1000万円を超える企業」は41社でした。ただし、この数字には総合職だけの年収、一般職を含んだ年収が混在しています。

そして、このランキングの上位はマスコミや総合商社、不動産、金融の大手企業が多く登場しています。なかでも、トップ10社の平均年収は1200万円を超えています。

また、上位285位までの企業は平均年収800万円以上である点も見逃せません。この辺りには、建設・メーカー・運送業といった幅広い業種の企業が当てはまります。転職後にうまく出世ルートに乗れば、年収1000万円も夢ではないでしょう。

そのほか、外資系金融や歩合制の保険販売の人も高収入の傾向があります。一部には、3000万円以上もの年収を得ている人も。そのぶん結果を求められる立場ではありますが、年収アップを狙うなら視野に入れてみるのもいいでしょう。

年収1000万円以上を目指せる企業はどこ?

最後に「平均年収が高い"トップ500社"ランキング」(プレジデント社)から、年収が高い企業をご紹介しましょう。M&Aアドバイスを行っている「M&A キャピタルパートナーズ」は、従業員59人、平均年齢は31.5歳でありながら平均年収は2995万円という圧倒的な存在の企業です。ただし、プロジェクトの大小や件数によって給与が大きく変動するケースもあります。

また、平均年収が2089万円のキーエンスにも注目です。センサー大手であり、ほかのメーカーより圧倒的な高収入が特徴。この2社は群を抜いていますが、平均年収が高い会社に転職すれば年収アップが期待できるでしょう。

資産運用も選択肢のひとつ

転職で年収アップを狙うのもいいですが、資産運用でお金を増やすという手段もあります。かつて日本がバブル期だった頃は、銀行の普通預金でも2%の利率でした。さらに定期預金だと、6%前後もの利子がついていた時代です。

しかし、現在の日本は金利がかなり低い状態。そのため、銀行にただ預けているだけでお金を増やすことはできません。

そこで、ある程度お金に余裕があれば株や不動産といった資産運用を視野に入れてみましょう。日本円貯金をするのではなく、あえて外貨預金に挑戦する手もありますよ。貯まったお金をどのように増やすか、という目線で考えてみましょう。

まとめ

会社員で高収入は不可能とは言い切れない、と感じたのではないでしょうか。転職先に希望する条件は人によってさまざまですが、「平均年収」にスポットを当てるのもおすすめです。平均年収は業種によって偏りがあるため、総合商社や不動産などの大手を狙うのもいいでしょう。次第に収入が増えてきたら、資産運用で貯金を増やしていくことも考えてみてくださいね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング