高齢者の転倒や転落は交通事故の約2倍!甘くみてはいけない室内環境

LIMO / 2019年7月29日 12時15分

写真

高齢者の転倒や転落は交通事故の約2倍!甘くみてはいけない室内環境

高齢者が介護を必要とする原因を見ると(平成28年厚生労働省国民生活基礎調査より(https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa16/dl/05.pdf))、「骨折・転倒18,7%」は、「認知症18.7%」、「脳血管疾患15.1%」、「高齢による衰弱13.8%」に次いで、4番目に多い原因となっております。これは事故によるものでは一番大きな原因となっているそうです。

前期高齢者(65歳~74歳)から事故が発生しやすい

「骨折・転倒」は介護を必要とする原因の4番目の多さですが、高齢者の場合は転倒が原因で寝たきり状態となり、それが原因で筋力や身体機能の衰え招く場合も多く症状を悪化させる要因にもなります。特に転倒が原因で大腿骨骨折となった場合には、歩けるまでにリハビリ等々のそれなりの時間がかかるので、そのまま寝たきりになることも少なくないようです。

高齢者の転倒・転落事故は死亡に至るおそれがあるばかりでなく、それが原因で介護が必要となるケースも多いので注意が必要になります。また、年齢が上がるほど、事故件数も増えますし危害の程度も重くなりますので、特に後期高齢者(75歳以上)になると更に死亡者数も増えているそうです。

それと日本頭部外傷データバンクによれば、高齢になると、筋力の低下や関節の可動範囲がどうしても狭くなるので転びやすくなるそうですし、転倒したときは頭の中の血管が切れやすい特徴があるそうです。その理由としては、高齢になると脳が小さくなり頭蓋骨と脳の間の隙間が大きくなるため、転倒や頭部を打った時の衝撃で脳がより動きやすい状態になるからだそうです。

家族や身近にいる人の3点確認

そこで消費者庁では、厚生労働省及び東京消防庁のデータを基に高齢者の事故状況を分析したところ、転倒・転落事故は、高齢者本人はもちろんですが家族や親戚や地域の方といった身近にいる方々が意識することで少しでも防ぐ事ができることから、特に以下の3点についてアドバイスをしております。

(1)まず生活環境を確認しておきましょう。高齢者の生活環境を確認すると一番のリスクは段差の問題です。危険となる箇所をなるべく減らし、転倒しても大ケガをしないような工夫をしたいものです。

(2)次に身体の状態を確認しておいた方が良いです。高齢になると身体機能の低下から転倒する確率は増すので、それに伴い特定の疾患、薬の副作用による転倒の可能性も増してきます。なので、高齢者の身体の状態についても家族がチェックしておきましょう。

(3)最後は転倒・転落事故が発生した場合にはどのような対処方法をすべきか、慌てないように普段から確認をしておきましょう。

転落、転倒で一番多いのが住宅内

独立行政法人国民生活センター調べでは(平成22年12月から平成24年12月末)、65歳以上の事故で一番多い場所は、住宅内事故は77.1%だそうです。次に多いのは民間施設の8.2%で、一般道路は6.9%となっています。

同センターの高齢者の家庭内事故の報告では、高齢者の住宅内事故516件の中の原因として最も多かったのは転落157件だそうです。これは住宅内事故全体の30.4%を占めるとされています。次いで転倒が114件で住宅内事故全体の22.1%)となっているようです。では自宅での転落、転倒で一番多い場所はどこかと言えば階段での転落事故が43.3%で、転倒事故は15.8%だそうです。

転倒や転落は9673人で、交通事故5004人の約2倍

意外と知られていないのが高齢者の「転倒や転落」での死亡者の数です。厚生労働省の統計による2017年の人口動態統計を見ると、「転倒や転落」で死亡した人の数は9673人となっておりますが、なんと65歳以上が全体の9割を占めており交通事故は5004人ですから約2倍の数字であることが分かります。

それと高齢者は一度転倒すると、自信を失ったり自力で動くことに恐怖心を持ったりするケースもあり、それをきっかけにして体を動かさなくなり筋力が次第に衰え始めるといった二次的な作用も出てきます。このように転倒は、高齢者の生活に大きく影響することがあるため、身体機能の低下を招かないように声掛けをしてあげたいものです。

更に驚くのは高齢者の入浴中の死亡事故です。厚生労働省人口動態調査を消費者庁の調べによれば、高齢者が自宅の風呂場で溺れて死亡する数が2016年は4821人(前年比342人増)だそうです。

これなども交通事故並みの数字となっておりますが、あくまでも「溺死」としての判断ですので、「病死」と判断されたものは含まれないそうです。それらを合わせた入浴中の急死者数を推測すればもっと多いのではと想像ができます。

転倒は高齢者の生活に大きな影響を与える

内閣府調べの高齢者の住宅と生活環境によれば、自宅での転倒は「庭」よりも「室内全般」の方が多いことも分かっています。例えば「居間・茶の間・リビング」もそうですし、「玄関・ホール・ポーチ」も危険が潜んでいる場所となります。あるいは「階段」「寝室」もしかりです。

高齢者にとっては「外庭」よりも一番安全と思われている「室内」にも危険が潜んでいることから、くれぐれも交通事故に対する意識と同等あるいは、それ以上の気づかいや意識をもってしても足りないという気持ちで生活をしていきたいものです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング