浴衣は自宅で洗える!プロが教える「洗い方」と「しまい方」(前編)

LIMO / 2019年8月25日 18時45分

写真

浴衣は自宅で洗える!プロが教える「洗い方」と「しまい方」(前編)

今年も花火大会や夏祭りで多くの浴衣姿を見かけました。
皆さん、浴衣を着たあとはどうしていますか?クリーニングに出している方も多いと思いますが、実は浴衣も自宅で洗うことができるんです。

今回は、浴衣を自宅で洗う方法としまい方のコツを前後編にわたりご紹介します。

浴衣を自宅で洗おう!洗い方の基本をチェック

1.洗濯表示を確認する

浴衣の「洗濯表示(絵表示)」に水洗いできるマークがあるか確認します。水の温度設定も見落とさずに、表示にしたがって取り扱いましょう。

2.色落ちしないか確認する

濃色・柄物の浴衣は、洗濯をする前に色落ちをしないか確認します。
浴衣に色柄が少しでもあったら、必ず色落ちのチェックを行うことを忘れずに。生地の裏の縫い合わせが重なってるところなど、目立たない部分でチェックしましょう。

<色落ちの確認方法>

白い布に、使用する洗剤をつけて浴衣の目立たない部分をこすります。布に浴衣の色がついたら色落ちの可能性大。

とくに、柄の中に白や淡色が含まれている浴衣は柄の中に色が移ってしまうと着れなくなってしまうので、その場合は自宅で洗うのは避けてクリーニング店に相談しましょう。移らなかった場合でも手洗いで優しく洗ってあげるのがよいでしょう。

3.シミがついている場合は前処理をする

浴衣にシミがついている場合は先にシミ抜きをします。どのアイテムを使う場合も、必ず色落ちしないかどうか確認してください。色落ちしてしまうようなら、シミの部分に直接2で色落ちの確認をした洗剤をつけ、優しく揉み洗いをしましょう。

・ファンデーションや日焼け止め

クレンジングオイルを直接汚れの部分につけて歯ブラシで一定方向に優しく擦り、すすぎます。

・食べこぼし

中性の食器洗い洗剤をシミの部分につけて歯ブラシで一定方向に優しく擦り、すすぎます。

・泥汚れ

ドライヤーを当ててしっかりと乾燥させ、歯ブラシで一定方向に擦り、泥をはらい落とします。固形石鹸をつけて歯ブラシで優しく一定方向へこすってすすぎます。

※いずれの場合において洗ってもシミが残った場合は、クリーニングに出してください。

4.浴衣をたたむ

生地の傷みや型崩れ、余計なシワを防ぐために、浴衣はたたんで洗うのがおすすめ。(写真「浴衣のたたみ方」参照)

たたむ前に、袂(たもと)にゴミやホコリが溜まっていたら取り除いておきましょう。

(/mwimgs/e/8/-/img_e8705edd179de6835333e496dc21f846170098.jpg)

拡大する(/mwimgs/e/8/-/img_e8705edd179de6835333e496dc21f846170098.jpg)

浴衣のたたみ方

1.浴衣を広げて置く

2.右の前身頃を「おくみ線」で折り返す
「おくみ線」は前身頃にある縫い合わせの部分のことを指します。

3.左の前身頃の衿とおくみを右の前身頃の衿とおくみに重ねる

4.左の身頃を右の身頃と重ねるように折る

5.左右の袖を重ねて身頃の上に折りたたむ

6.袖口と裾がそれぞれ外側にくるようにじゃばら状に折りたたむ
汚れやすい袖口と裾の汚れを落としやすくするためどちらも外側にくるようにしてください。

5.浴衣を洗う

【洗濯機で洗う場合】

1.折りたたんだ浴衣を洗濯ネットに入れる
浴衣を入れるネットはできればジャストサイズのものを準備しましょう。ネットが大きすぎると、浴衣がネットの中で動いてたたんだものが崩れ、傷みや型崩れの原因になります。小さすぎると、浴衣の記事が余計に重なって均等に洗えません。

2.洗濯機に浴衣を入れたら「ドライコース」で洗います。
浴衣に使う洗剤は、おしゃれ着用の中性洗剤を使用しましょう。

●ワンポイント

強い力が加わると傷みや型崩れの原因になるため、必ず「ドライコース」にしてください。また、粉洗剤を使うのは避けるようにしましょう。

粉洗剤はおしゃれ着用洗剤に比べて洗浄力が高いため色落ちする恐れがあり、ドラムの回転が弱い「ドライコース」だと洗剤が溶け残ってしまうことがあります。

【手洗いで洗う場合】

1.たらいや洗面台に洗濯表示の指示通りの温度の水をはり中性洗剤を溶かします

2.たたんだ浴衣を入れて、やさしく押し洗いします

3.洗い終えたら洗濯ネットに入れて、一番弱い設定で1分程度脱水をします

4.新しい水をため、優しく押し洗いしてすすぎます

5.最後に一番弱い設定で1分程度脱水します

浴衣は「日陰で竿干し」が基本!

浴衣を干すときは「日陰で竿干し」が基本です。日光に当てると色あせを起こす可能性があるので必ず陰干ししてください。(写真「浴衣は日陰で竿干し」参照)

浴衣は日陰で竿干し

おうちに取り外しができる物干し竿があれば浴衣の両袖を通して干しましょう。竿を使わずに、和服用のハンガーを使って干すこともできます。今回は、つっぱり棒を使った浴衣の干し方を紹介します。(写真「つっぱり棒を使った浴衣の干し方」参照)

つっぱり棒を使った浴衣の干し方

用意するもの
・つっぱり棒(浴衣の両袖を通しても長さに余裕のあるもの)
・S字フック2つ
・洗濯バサミ2つ

1.物干し竿にS字フックをかける

2.浴衣をつっぱり棒に通す
浴衣を干す時のポイントは、「袖と肩のラインが一直線であること」。この形のまま干すことで型崩れを防ぐことができます。

3.つっぱり棒の両端をS字フックにかける

4.竿にかかっているS字フックを洗濯バサミではさんで固定する
風などによってS字フックが動いてしまったり外れてしまうのを防ぐために、フックを固定します。

浴衣が乾いたあとは、アイロンがけをしてタンスやクローゼットにしまいます。

後編では、浴衣のアイロンがけのポイントや、しまうときに保管しやすい「本だたみ」のやり方をご紹介します。

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング