「家事シェア」なんでできないの?僕も含めた夫が家事をしない理由を妻と考えてみた

LIMO / 2019年9月1日 20時45分

写真

「家事シェア」なんでできないの?僕も含めた夫が家事をしない理由を妻と考えてみた

僕はよく周囲の人に「なかなか奥さんにかなわないんだよね~」と言うのですが、年上の男性に『女性に家事を任せてばかりはダメだ』と諭されることが多くあります。

「でも、なかなか女性ほどできなくないですか?」と言うのですが、『そういう思い込みが良くない』『女性はやっているんだから』と言われるのです。

おむつ替えだってするし、家事も一通りやるんだそう。「すごいですね~」と言ったら、『すごくなんてないよ、当然のことだから』とのことでした。

でも僕は思うんですよね。「あんた本当にやってんのかよ」と。

よく調査結果とかで「どこそこの県の男性は家事や育児をする」みたいな記事やニュースを見かけますが、「あなたは家事をしますか?」とか男性自身に聞いていることも多々あります。
それって、ただの「家事・育児を自画自賛する人ランキング」になっているだけではないでしょうか。

基本的に僕を含め、夫は自分で大してやっていないのに「やっている」と思いがちです。
そもそも、なぜ男性は家事や育児をしないケースが多いのでしょうか。妻と一緒に話してみました。

夫は出産直後から意識に差をつけられる

女性は子どもを出産した時に授乳という形で子どもと関わり、産婦人科でつきっきりで過ごします。僕はその期間に妻と育児への意識について、大きな差が生まれてしまったように感じました。

ここで夫は開き直って「育児は妻じゃなきゃわからない」とならずに、「これから妻との意識の差を埋めていけるように頑張ろう」と思わなければならないのかなと思います。

妻にどう思うか聞いてみると、「産婦人科の段階から妻が一人で授乳の事とかで悩んでて、あなたは『大変だねえ』って他人事なイメージだよ」と言われました。確かに、そうだったかも。
育児の問題を共有し、一緒に自分ゴトとして考えていくクセをつけるのが重要だと感じました。それはいつから始めても遅すぎることはないはずです。

さらに妻からは「というか、それ育児限定の話だよね?家事は関係なくない?」とのこと。確かに。他に理由を考えてみましょう。

夫は忙しく、家にいる時間が短い

夫は仕事で家にいないことが多く、物理的に女性の方が家事育児に向き合う時間が長いということも要因の一つかと思います。

女性は家事育児に向き合う時間が長い傾向にあるので、成功・失敗体験を積み重ねながらスキルを上げていくのに対し、男性は向き合う時間が短いのでスキルはなかなか上がらず…。

しかも、知らないことが多いので「知っている人がやった方が早い」という考えに甘えてしまい、やらなくなってしまうことは多いのかと思いました。

妻に話してみると「確かにそういう側面はあるかもしれないけど、うちは共働きなのになんで意識に差があるの?」とピシャリ。確かに、なんでだろう…。なんで妻はこんなに意識高く、家事や育児ができるんだ?なんでこんなに差があるんだ?

「私思うんだけど、男性は仕事に気持ちを全振りして、基本的に家を休む場所だと思ってない?」とのこと。確かに、その傾向はある気がする。

「家は休める場所だけど、休むための場所じゃないからね」という深いメッセージをいただきました。肝に銘じます。

夫は家事や育児のスキルが低い?

女性と比べて男性は家事や育児時間が少ないということも影響してか、苦手な傾向にあることも一因としてあるのではないかと思います。

夫が家事や育児をする意欲を持っているときには、ぜひ奥様方はやさしく教えてあげてほしい。そして、夫は妻が長い時間家事や育児に向き合っていることにリスペクトを示しながら、教わるべきなのかなと思います。

妻は「私は極論、リスペクトと結果だと思うよ」とのことでした。
妻が先にやったことへはリスペクトを示して、家事・育児をやっていると思われたいのなら、キチッとやった結果を示せば、妻から不満に思われることはないという話です。なるほど。僕もこれからは「ありがとう」と「黙ってやる」を意識します。

タスクの可視化は必要か

そんなことを考えていると、一度家事育児タスクを洗いだして、今僕がやれていないことを見つめなおして反省しようかと思い始めました。

妻に提案してみると「面倒くさい。私は食器洗いが一番嫌いだから、食器洗いさえしてくれればいいよ」ということでした。

なるほど、家事の中でも妻が苦手で嫌なことってあるよな。せっかくなら、そういうことから頑張りたいなと思います。

家事シェアの落としどころは夫婦によってそれぞれです。一度、話し合ってみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング