【義両親は外野的ポジション】子供の進路を決めたがる義両親から我が子を守るには!?

LIMO / 2019年10月5日 10時15分

写真

【義両親は外野的ポジション】子供の進路を決めたがる義両親から我が子を守るには!?

孫かわいさによく自宅へと訪ねてくる夫の両親。せっかく来てくれたのだから気持ちよく過ごしてほしい…なんて思う嫁の気持ちを踏みにじる、義両親の心ない一言に心を痛めたりはしていないでしょうか。

我が子のことを一番わかっているはずの自分を差し置いて、孫のアレコレを決めたがる義両親。これってどうしたらいいのでしょうか。

未だに存在「保育園はかわいそう」

働くママは、いつかは育休を終えなければなりません。「結婚前から子供を産んだ後も仕事をしたいと話していました。しかし、出産後いざ保育園探しを始めようとしたところ『こんなにかわいい子と離れても平気なの?』と義母から言われました。もちろん子供はかわいいし、一緒にいたくないわけありません。

しかし、希望の園に入れるためにはタイミングを逃すわけにはいかず、決断したのに…。まるで、かわいくないから離れても平気と思われているようで傷つきました」生まれた季節によっては、早めの入園を迫られる赤ちゃんもいます。しかし、入園を一年見送ることで希望していた園に入れなくなる可能性を考えるとママたちは苦渋の決断をしなければなりません。それを、「かわいそう」といってしまうことは、ひどくママたちを傷つけているようです。

「ここなんていいんじゃない?」自分の好みを押し付けてくる

保育園に限らず、自分の好みの幼稚園を押し付けてくる義両親もいるといいます。「市内に住む義母は、自分の知り合いから幼稚園情報を入手。習い事や制服などを重視し『こことか評判いいらしいわよ。見学に行こう』と話を進めてきました。確かにかわいいかもしれないけど、お弁当や預かり保育、ママのカラーなど、全く頭に入っていない様子でした。実際、子供を通わせるのは私。子供の性格や私の利便性なども考えた園選びを自由にさせて欲しいです。」

ママ友同様、祖母たちにも「ババ友」が存在するようです。お友達のお孫さんが華やかな習い事などしているのをみて、どうやら羨ましくなったよう。それを強要されたらたまったものではありません。

しつけや教育方針は自分たちで決めさせて

また、子供のしつけに関し、口を出す義両親も多く存在するといいます。「あんなこともさせてあげないの、かわいそう」「たまには買ってあげたらいいのに」などの言葉を子供たちの前で平気で口にするため、母は完全に悪役です。長い目でみて困らないようにしつけている最中に、それを否定するような言葉を吐かれては、子供達への示しもつきません。「こんな小さいうちから勉強させてかわいそう」などあまりにも言われるので、習い事など教えないようにしたそうです。

自分のしたかったことを押し付けている?

義両親の言い分などを聞いていると、そこにはどうやら自分たちのしたかったことが多分に含まれているようです。あんなものを買ってあげたかった、こんな風に育ててみたかった。何らかの理由でできなかったことや、自分が成功だと思っていることを押し付けてしまう、そんな傾向にあるような気がします。

しかし、育児の主役は祖父母ではありません。たまに会うだけの存在に毎日のことを決められては、ストレスになるのは明らかです。孫に対して外野である祖父母。その立ち位置から助言は行えても、命令はするべきではないのでしょうか。

口出しを防ぐためには

それでは、孫に対して口を出してくる義両親にどのような対策ができるのでしょうか。

・「義両親は男の子しか育てたことがないため、『娘はそういった活発な性格ではないので期待には応えられそうにない』と伝えました。また、成長と共にどのような変化があるか説明しているので、最近では的外れな提案が減ってきました」

・「世代も金銭的な感覚も全く違うので、我が家の家計状況と、時間の足りなさを説明しました。何とかしたいのであれば自分の息子にもっと稼がせてください、といいたいところはグッと押さえました(笑)。何かいいたそうですが、お互いすべて理解しあうのは無理なので大事なポイントだけ伝わればいいと思っています」

相手を不快にしてしまうかも、と思って遠慮してしまう言葉も、いい方や状況を選んで伝えておくことが大切なようです。

まとめ

祖父母というのは身内ではありますが、子育てに関してはあくまで外野的ポジションです。そのため、現実とそぐわない提案や、夢を大いに語ってしまいます。そこは子供に対して責任がある親とは、やはり別物。自分の子育てでできなかったことを盛り込んでくるかもしれませんが、孫は子育てのリベンジ道具ではありません。

また、義両親にあれこれいわれて動揺していては、とばっちりを受けるのは子供です。特に大切な決断となる進路などは、夫婦でよく話し合い、自分たちが子供にとって一番いいと思った道を、迷わず選んであげてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング