アウェイなはずの義実家で嫁の悪口をいう夫…その心理とは?

LIMO / 2019年10月12日 19時45分

写真

アウェイなはずの義実家で嫁の悪口をいう夫…その心理とは?

日常生活の中で、「料理がまずい」「家事が行き届いていない」「ちょっと、痩せろ」など、夫から小言や悪口を言われて悩んでいる女性も多いと聞きます。とはいえ、家庭内で相手に思ったことを直球で伝えられる事は、夫婦感でオープンな関係を構築している証拠と言えるのではないでしょうか。

それが筆者にとっては、ある意味うらやましいのです。筆者の夫は、普段は一切、不平不満を言いません。にもかかわらず、なぜかアウェイな環境であるはずの義実家で、その家にとっては実の娘である妻に対して悪口を言うという奇行に…一体、なぜ?

普段はノークレームなのに、なぜ?義実家で嫁の悪口をいう夫

筆者には、信じられないほど温厚な性格の夫がいます。対して、筆者は思い立ったらすぐに行動を起こさなければ気が済まないほどアグレッシブな性格。いろいろなことに意見をし、自分の意思に真っ直ぐに生きてきました。そのため、何があっても文句ひとつ言わず、周りの意見に同調できる彼を尊敬しています。

普段の生活の中でも、不器用な筆者がどれだけ料理を失敗しようが、どんなに掃除が下手くそだろうが、夫から文句を言われたことはありません。それどころが、「忙しいのに、いつもありがとう!」「部屋がキレイになって嬉しいよ!」など、ねぎらいの言葉をかけてくれるほど。そんな夫からの言葉が、筆者の育児や家事、仕事の活力になっていることはまぎれもない事実です。

しかし、筆者の実家へ帰省をしたある日、驚くことが起こりました。筆者の両親と筆者夫婦の4人で団らんしていたときのこと、会話の中で夫がこんなことを言い始めたのです。

「お義母さん、聞いてくださいよ!○○(筆者の名前)って煮物料理をいつも失敗するんですよ!味が濃かったり、薄かったりして。おもしろいでしょ~!」
「○○が家の中でスマホや財布をすぐ失くすんです。僕、いつも探すのを手伝わされているんですよ~!」などなど。

こんな具合に、夫は筆者に対する悪口や小言を筆者の両親の前でいくつも披露したのです。しかも、普段の生活の中では一度も指摘されたことのないことばかり。「なぜ、今、ここで?」と正直、困惑してしまいました。戸惑いを隠せない筆者とは対照的に、両親と夫は大笑い…なんなんだ、この空気…。

アウェイなはずの義実家で嫁の悪口…その目的とは!?

普通に考えると、義理の実家はアウェイな環境ですよね。筆者自身、義理の実家、つまり夫の実家にお邪魔する際には、少なからずアウェイな空気を感じます。義両親から何か不当な扱いをされているということは全くないのですが、「長男の嫁として体裁を保たなければ!」「“よい子”を演じなければ!」という自らの想いがアウェイな空気を生み出しているのでしょう。

そのため筆者には、義実家で夫の悪口を言う発想なんてありません。例え、日常生活の中で彼に指摘していることがあったとしても、よっぽどヘルプが必要な事案でなければ義理の両親の前で彼の悪口を言うということはないでしょう。

にもかかわらず、普段、全く文句を言わない温厚な夫が、わざわざ筆者の両親の前で悪口や小言を言ったということは何か目的があったのだろうと考えました。

笑い話にすることで角が取れる?…のかもしれない

普段、文句を言わない夫ですが、筆者に対して“意見したいことがない”のではなく、やさしい性格が邪魔をして“直接、言えないだけ”なのかもしれないと考えました。そのため彼なりに考えた結果、筆者の両親との談話の中で、おもしろおかしく話すことで、普段言えないことを伝えたかったのかもしれません。

確かに、普段の生活の中で夫から直接、悪口や小言を言われるよりは、実の両親との楽しい会話の中で指摘されたことで、角が取れ、言われ慣れていない夫からの指摘もマイルドに受け止められた気もします。また、そのときの両親も婿から実の娘の悪口を聞かされているという雰囲気ではなく、

「○○は昔から、料理があまり好きじゃないからね~!」
「そうそう!昔っから、よく物を失くすのよ~(笑)○○(夫の名前)くん、いつもありがとうね。」

こんな具合に楽しそうに会話をしていました。本当のところ、夫がどのような想いで筆者への小言を話題にあげたのかはわかりませんが、普段の生活の中で夫が感じていることを聞くことができたのは貴重な体験でした。

義両親との会話の中で伝えるのもアリ

家族間の関係性はさまざまな形があるので一概には言えませんが、パートナーに直接伝えづらいことがある、または直接伝えると角が立ってしまうようなリクエストがある場合には、パートナーの理解者である義理の両親の存在をかりるのもよいアイデアかもしれません。とはいえ、親の存在をかりずとも、夫が筆者に直接文句を言えるような夫婦関係を築いていけるよう日々を過ごしたいと思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング