「冠水車」を買ってはいけない理由とは…中古車選びで失敗しない!基本ポイント

LIMO / 2019年11月23日 18時45分

写真

「冠水車」を買ってはいけない理由とは…中古車選びで失敗しない!基本ポイント

登録済み未使用車でない限り、中古車は個体によって状態が異なるのが常識ですが、車を選ぶ際にどういった点に気を付ければいいのでしょうか。

中古とはいえ、比較的新しい個体であれば数十万円から数百万円と高額な買い物になりますから失敗したくない、と考えるのが人間の性ですよね。

でも素人的な考えだと、「どういったところを見ればいいのかわからない」といった方もいるかと思います。

今回は、中古車選びをするにあたり失敗しないためのポイントを解説していきたいと思います。

整備記録がしっかり残っているか

まず最初に気にしたいのが、車全体のコンディション。

エンジンをかけたときにエンジンやトランスミッションから変な音がすれば「明らかにおかしい」と感じることはできますが、そもそもそんな車は中古車販売店に並ぶことはまずありません。(個人売買であれば、あり得る要素ではありますが…)

車のコンディションを確認するにあたり確認しておきたいのが「記録簿」(整備記録)があるかどうか、ということです。

中古車販売サイトなどを見ていると「点検整備記録簿あり」といった項目があるかと思いますが、これがあれば必要最低限の整備の記録がわかります。定期的に整備入庫しているのであれば対象整備の欄に「点検入庫日と走行距離」の記載がされていますので、参考になります。逆に記載がない場合は点検整備されていない車ということがわかりますので、こういった車は選ばない方がいいでしょう。

めぼしい車があった際には、販売店のスタッフさんに記録簿を見せてもらうようにしましょう。

重大なフレーム修復がないか

整備記録と同様に大事な要素としては「事故歴の有無」が挙げられます。

公道を走行している以上「事故リスク」はありますが、中古車によっては事故による重大な修理(フレーム修正など)をされているケースがあります。

外見上は何も問題なさそうでも、車の骨格部分が歪んだ形跡があったりするものもあります。

自動車関連の仕事をしている人であれば、フレーム修正や事故の修理跡を見つけるのは比較的簡単かもしれませんが、素人が見てもわからない場合があります。

大手中古車サイトの「グーネット中古車(Goo-net)(https://www.goo-net.com/)」では、独自で「グー鑑定」という認定をしています。これは中古車販売店以外の第三者機関が車の内外装やエンジン等の機関をしっかりチェックをして「鑑定書」を発行するシステムです。

この中の「修復歴」に関してはJAAA(日本自動車鑑定協会)が確認をするので事故等による車のフレーム修正の有無やその度合いを確認することができます。

グー鑑定には費用がかかるため、その分中古車価格が高くなってしまいますが、「安心料」として考えるのであればそこまでの負担ではないかと思います。

中古車選びの際はグー鑑定があるかないか、という点も気にするといいでしょう。

冠水車はやめた方がいい

中古車を見ていて「この車、修復歴がないのにやたら安いな」という車があった場合、冠水車である可能性が非常に高いのが近年の状況。

冠水車はその名の通り車が水に浸かってしまった中古車のことです。どっぷり水に浸かってしまった車は基本的に廃車ですが、車内のシートぐらいまでの冠水であれば、ある程度手直しをすれば「まだ乗れる車」となります。

冠水車の特徴としてはとにかく安価という特徴がありますが、安いなりにリスクが伴います。

1つ目のリスクとしては、「臭いとカビ」です。中古車として流通する前にクリーニングをしますが、見えない部分の泥などが落とし切れていないものもあり、そこから悪臭を発します。特に夏場は雑菌の繁殖が多くなるので、耐えきれないものもあると聞きます。

2つ目のリスクは「電装関係のトラブル」です。近年の自動車は車のいたるところに電気系統の配線が張り巡らされています。いくら手直しをするといっても全ての配線を交換するわけではないので、買ったときは大丈夫でも時間の経過とともに配線がショートする可能性があります。

こういったリスクがありますから、いくら安くても冠水車を買うのは避けた方がいいでしょう。

その他の注意すべきポイント

ここまでは中古車選びの基本事項を紹介しましたが、これ以外にも注意すべきポイントがあります。

それは「タバコを吸っていたか」と「ペットを乗せていたか」という点です。いずれの場合も、いくらルームクリーニングをしても落ちない汚れや臭いがこびりついている車もあります。特に動物をケージに入れずに乗せていた場合は尿などの獣臭がキツイ車があります。

こういった汚れや臭いが気にならない人もいるかと思いますが、チェックすべきポイントでしょう。

まとめ

今回紹介したのはほんの基本的な事項ですが、どれも重要なポイントだと筆者は考えます。
中古車との出会いは一期一会ですから、納得のできる個体と出会えるまで根気よく探すという心構えも大切ですね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング