「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイト、既存店・全店ともに売上高が今期最高の伸び(2020年2月)

LIMO / 2020年3月8日 12時15分

写真

「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイト、既存店・全店ともに売上高が今期最高の伸び(2020年2月)

注目小売店月次実績シリーズ

シリーズでお伝えしている「注目小売店月次実績」。今回は回転寿司チェーン店「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイト(7421)の、2020年2月の月次動向及び過去実績、また過去1年の株価動向について振り返ってみましょう。

直近の月次実績

2020年3月2日に更新されたカッパ・クリエイトの2020年2月既存店売上高は、対前年同月比108.0%でプラス成長。内訳は客数103.7%、客単価104.2%でした。

また全店売上も107.2%とプラス成長。全店売上高も客数(103.0%)と客単価(104.1%)ともにプラスとなりました。

今期の既存店売上高の振り返り

では、同社のここまでの既存店売上高はどう推移してきたのでしょうか(同社は3月決算)。

既存店売上高は今期マイナス成長となったのは7月(96.7%)のみです。客数は11カ月中5カ月がマイナスながら客単価は全ての月がプラスであり、客数のマイナスを客単価のプラスでカバーする状態が続きました。

なお、2月の対前年同月比108.0%は今期最高数字です。

一方で全店売上高は11カ月のうち、5カ月がマイナス成長。特に客数はプラス月が5月と2月のみであり、2月まで8カ月連続のマイナスが続きました。なお、既存店同様に全店売上高も、2月(107.2%)は今期最高数字となりました。

過去1年の株価動向

最後に同社の株価動向を見ていきましょう。

同社の株価は2018年半ばから、上限1,500円付近と下限1,300円付近の間でレンジ相場を形成中です。

2019年11月からレンジ上限の1,500円付近での攻防となりましたが、上方ブレイクせず2月末の株式市場全体の落ち込みとともに下落。レンジ下限の1,300円付近を割れ3月2日には1,244円に到達しました。その後リバウンドを見せ、1,300円台を回復しています。

既存店に比べ全店の苦戦が続きましたが、2月は両者ともに対前年同月比で最高の売上数字となっています。新型コロナウイルス問題が本格化する3月がどのような数字となるのか注目されます。

カッパ・クリエイトの過去1年の株価推移

(/mwimgs/e/b/-/img_ebbb42a37811978031cf7775f406219f125535.jpg)

拡大する(/mwimgs/e/b/-/img_ebbb42a37811978031cf7775f406219f125535.jpg)

参考資料:月次売上推移速報(https://www.kappa-create.co.jp/monthly2019/)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング