株主優待減額で、すかいらーくHDが大暴落! 日経平均株価は続伸

LIMO / 2020年9月14日 7時0分

写真

株主優待減額で、すかいらーくHDが大暴落! 日経平均株価は続伸

【東京株式市場】 2020年9月11日

株式市場の振り返り-日経平均株価は続伸、方向感に乏しい値動きの中で高値圏の着地

2020年9月11日(金)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

日経平均株価 23,406円(+171円、+0.7%) 続伸

TOPIX 1,636.6(+11.7、+0.7%) 続伸

東証マザーズ株価指数 1,135.0(+12.4、+1.1%) 3日ぶり反発

東証1部上場銘柄の概況

値上がり銘柄数:1,601、値下がり銘柄数:480、変わらず:92

値上がり業種数:29、値下がり業種数:4

年初来高値更新銘柄数:92、年初来安値更新銘柄数:0

東証1部の出来高は12億9,776万株、売買代金は2兆5,640億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。ただ、メジャーSQ算出による嵩上げ分が相当程度あったことを差し引くと、実質的には低調な商いだったと見られます。

そのような中、米国株の大幅安などを背景に、日経平均株価は方向感に乏しい値動きに終始しましたが、最後は高値圏で終わる続伸となりました。取引時間中の高値は23,412円(+177円)、安値は23,114円(▲121円)となり、値幅(高値と安値の差)は約298円となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで続伸となりました。

東証マザーズ株価指数は3日ぶりの反発、売買代金は102日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は9,395万株、売買代金は1,833億円となりました。

出来高は前日よりやや増加しましたが、売買代金は概ね横ばいでした。売買代金は102日連続で1,000億円を超えたものの、個人投資家の物色意欲はやや小休止の感があります。

なお、一部の主力銘柄が買い戻されたこと等から、株価指数は3日ぶりの反発となりました。ここから再び1,200ポイント回復を目指す動きになるのか注目されましょう。

業績見通し下方修正の積水ハウスが急落、「GoTo」東京追加で楽天が連日の高値更新

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

ファーストリテイリング(9983)

テルモ(4543)

ソフトバンクグループ(9984)

ハイテク株が高安まちまちとなる中、日本電産(6594)が大幅高で年初来高値を更新し、オリンパス(7733)やアドバンテスト(6857)も堅調に値を上げました。

また、政府による観光需要喚起策「Go To トラベル」除外の東京が追加される可能性が高まったことを好感し、東海旅客鉄道(9022)や東日本旅客鉄道(9020)などJR株が買われ、日本航空(9201)など空運株も上昇しています。

さらに、グループ内に大手旅行会社を有する楽天(4755)は+5%超高へ急騰して連日で年初来高値を更新しました。

なお、これも「GoTo」東京追加に関連して、アミューズメントパークを展開するオリエンタルランド(4661)や富士急行(9010)が大幅上昇となったことも目を引きました。

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

エムスリー(2413)

ダイキン工業(6367)

KDDI(9433)

一連の預金不正引落し問題に関して不備を認めたNTTドコモ(9437)が小幅下落ながら3日続落となりましたが、3日間の下落は限定的に止まりました。

また、前日に通期業績見通しを下方修正した積水ハウス(1928)が一時▲6%安に迫る急落となり、“巣ごもり生活”関連の代表銘柄の1つとされてきた神戸物産(3038)も決算内容が嫌気され、一時▲8%安に迫る急落となっています。

その他では、すかいらーくホールディングス(3197)が前日に突然発表した株主優待制度の見直し(食事の優待金額を大幅減額)が個人投資家に”改悪”と捉えられ、一時▲13%安に迫る暴落となり、終値も▲10%弱安のまま引けたことが注目されました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング