回転ずしのスシローGHD、下期の既存店売上高はマイナス成長続きで終了(2020年9月)

LIMO / 2020年10月7日 12時0分

写真

回転ずしのスシローGHD、下期の既存店売上高はマイナス成長続きで終了(2020年9月)

注目小売店月次実績シリーズ

シリーズでお伝えしている「注目小売店月次実績」。今回は回転寿司チェーン店「スシロー」を運営するスシローグローバルHD(3563)の2020年9月の月次動向及び過去実績、また過去1年の株価動向について振り返ってみましょう。

直近の月次実績

2020年10月2日に更新されたスシローグローバルHDの2020年9月既存店売上高は、対前年同月比97.1%。客数90.6%、客単価107.2%となり、客単価のプラスで客数のマイナスをカバーできずマイナス成長となっています。

一方、全店売上高は102.2%とプラス成長。既存店と全店で結果が分かれることになりました。

今期の既存店売上高の振り返り

では、同社のここまでの既存店売上高はどう推移してきたのでしょうか(同社は9月決算)。

既存店売上高は、本年2月までプラス成長が続きました。しかし新型コロナウイルス問題が本格化した3月以降は、対前年同月比で3月86.3%、4月55.6%、5月81.4%、6月97.9%、7月96.5%、8月87.7%、9月97.1%とマイナス成長が続き2020年9月期が終了しています。9月は対前年同月比97.1%と100%まであと一歩に迫りましたが、プラス成長には届きませんでした。

全店売上高も既存店同様に3月からマイナス成長が続きましたが、6月103.1%、7月101.8%、9月102.2%の3カ月はプラス成長となり、既存店に比べ一足早い回復を見せました。

過去1年の株価動向

最後に同社の株価動向を見ていきましょう。

同社の株価は2019年6月の1,498円を底に上昇し、2020年1月には高値2,578円に到達しました。その後は反落し、2月後半からの株式市場全体の下落もあり、4月6日には1,250円まで下落しています。

しかし反転し7月には年初来高値2,630円に到達した後、9月までは概ね2,700円を前後する水準での取引が続き、10月5日には終値で2,800円台に到達しました(2020年3月31日に1→4株の株式分割を実施)。

下期は全店で3カ月が対前年同月比プラス成長となったものの、既存店は全ての月がマイナス成長となりました。今後、既存店がいつプラス成長に転じるかが注目されます。

スシローグローバルホールディングスの過去1年の株価推移

(/mwimgs/e/2/-/img_e291cc86f565b0dbf9fd256cc1ced6c2144091.jpg)

拡大する(/mwimgs/e/2/-/img_e291cc86f565b0dbf9fd256cc1ced6c2144091.jpg)

参考資料:スシロー全店および既存店前年同月対比実績(2020年9月期)(http://www.sushiroglobalholdings.com/financial/highlight/monthly/)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング